スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーンローゼスの再結成のドキュメンタリー、made of stone を観ています。先日、TSUTAYAでレンタルしてるのをみつけてしまって速攻で借りてきました。

ストーンローゼスは私が90年代にオアシスとマイブラとプライマルスクリームと並んでの四天王的に大好きだったバンドなのです。しかもローゼスがいなかったら四天王の他の3バンドは居なかったかもしれない位、90年代の音楽シーンに決定的に影響力のあったバンドだと思うんです。

当時、局地的ですがNMEとかの音楽誌ではビートルズ以来の衝撃とも言われてました。その前にスミスやピストルズとか影響力のあったバンドはいたけどオーディエンスと自分らは一緒っていうセカンドサマーオブラブっていう大きなムーブメントだった記憶があります。クラブカルチャーの盛り上がりの創世記と重なっていて特に思い入れがあります。


ストーンローゼスはリズム隊のグルーブが半端ないとこに超絶テクのギターがかぶさるもののシンガーは素人っぽいけどそれがいいって感じ。曲は最高に良かったですよ。メロディーがキラキラしてました。

この映画はデビューしてのし上がってくところと、再結成のライブまでの過程を並べて作られたドキュメンタリーで、彼らが若い粋がってそしてとってもキラキラしてるところから、歳とキャリアを重ねての再結成のライブの様子を追っていく作りです。昔のイアンブラウンとジャンスクワイアのインタビューから再結成ライブのリハーサルのスタジオに画面が切り替わると一瞬誰だかわからなくなります。みんな歳とったな…

スパイク島の3万人を集めたライブで頂点を極める伝説のライブと再結成のライブを重ねて追っていく進行が良かった。イアンブラウンのソロのライブはフジロックで2回観る機会がありました。最初が新木場で1998年にやった唯一の東京でのフジロック。prodigyやミッシェルガンエレファント、ニックケイブが楽屋を焼いて出入り禁止になったって、ロッキンオンで知った思い入れのあるフェスで、イアンブラウンは彼のファーストアルバムの曲のみのセットリストでストーンローゼスの曲は1曲も演らなかった。2回目は苗場のフジロックのレッドマーキーにて、あの時も自分のソロアルバムからだけでストーンローゼスの曲は演らなかった。オーディエンスもそれを求めてる感じはなかったし。


確か、再結成後のフジロックのヘッドライナーを含めて3回彼らは日本に来てるけど1回も観ることは出来なかったです。でも、90年代半ばのドラムのマニが抜けた後の来日公演があってそれはチケットをとらなくて観れなくてもいいやと、その時は思ってました。ライブの日に当時通ってた英会話学校に行くために新宿駅の北口界隈を歩いてたら、偶然にもイアンブラウンと新加入のドラマーとすれ違いました。その時はイアンブラウンに似てる外人だなと思ってスルーしたものの、よく考えたらストーンローゼスが来日中であることを思い出して学校に行くのをやめてダッシュで追いかけました。緊張しながら「ストーンローゼスのボーカルの方ですよね?(緊張のためか名前が出てこなかった)」ってきいたら、「そうだよ」って、とっても気さくで感じで答えてくれました。そして英会話用のノートに嫌な顔しないでサインしてくれました。

そのあと、イアンブラウンになぜか「ケンタッキーフライドチキンはどこにあんだ?」って聞かれて辿々しくも行き方を教えて別れました。でもそのあと、あの貴重な瞬間を振り返ってみると、その時一緒に自分が案内するよ!って言って一緒にKFCに行って、フライドチキンを2人にご馳走して、自分のストーンローゼス愛を語って運良くバックステージパスをもらってライブを観ることももしかして出来たのかな?って思いました。そんなに上手く行くわけはないんだろうけど、あの瞬間は今でも"自分の今までの人生の後悔ベスト5"の一つです。
スポンサーサイト

今週の日経で「毎月積み立て、もう一手間」という記事を読んで

今年から毎週日曜日にその週の日経新聞を改めてまとめ読み返しすることにしました。去年の年末に聴いたポットキャストで誰かが一月の日経新聞を1日かけて読み返すのが習慣で、それがとてもいいんだ、と言ってる話を聞いたからです。

新聞を朝の短い時間で読んで捨ててしまうよりもよりも、一週間分を時系列で改めてまとめて読むと記事の見え方が違うと思いました。気になった記事は写真に撮ってフォルダに残しておきます。読み直したいと思う記事はスクラップして取っておくことにしました。

今週の記事でスクラップしたのは7日の「毎月積み立て、もう一手間」という記事です。「バリュー平均法」という「ドルコスト平均法」とはまた違う新型積立術の紹介でした。ドルコスト平均法が毎月同じ金額を買い付けるやり方なのに対して、バリュー平均法は運用目標額を決めた上で毎月の運用対象の評価額に沿って買う量を決めていくという方法です。評価額によっては多く買うこともあれば、投資対象が急騰した時は一部を売ることもあります。




昨年末にNISA口座でWTIの原油ETF を少額買いました。下げの途中だったので下に行くことを覚悟しながらドルコスト平均法で毎月買い増していこうかと思ってましたが、むしろこのバリュー平均法を使って積み立てていくのもいいかなと思いました。

ただしこの積立もリスクがあって、それは下落が続けば追加購入の負担が大きくなることです。積立する商品の特徴を考えて試してみようかと思います。

映画「グランドブダペストホテル」観ました。★★★★★

映画「グランドブダペストホテル」を観ました。最高に面白かったです。今年観た映画では、方向性は全く違うけど「ダラスバイヤーズクラブ」と双璧の満足感でした。豪華な出演陣とテンポの良い演出であっという間に観終わりました。

この映画は根っこには低俗というか下品な部分があるんだけ、語り口や描写が洗練されててそれを感じさせないところがあり、通して観ると絶妙に登場人物の関係が昇華されてて後味がとてもいいのです。

脇役で大好きな俳優が出てました。ウィリレム・デフォーにハーヴェイ・カイテル、ジュード・ロウにビル・マーレイ、そしてエイドリアン・ブロディが悪役を好演してました。個人的には凄く豪華な面子ですね。それぞれが重厚な演技というわけではないんだけど、存在感を発揮していてすごいな映画だなと思いました。

終始、テンポが良くて話にグイグイと引き込まれます。映画の作り自体も変わっていてミステリーコメディというか、あまり自分が好んで観るような感じのジャンルじゃないんだけど、観終わりましてただいま満足感でいっぱいです。笑って独り言を言いながら観終わりました。明日、奥さんともう一回観ようかと思います。

「村上ラヂオ2 おおきなかぶ、むずかしいアボカド」を読みながら

今週の寝床では最近買った「村上ラヂオ2 おおきなかぶ、むずかしいアボカド」超短編エッセイを2編ずつ読んでから寝ます。寝る前に緊張をほぐしてリラックスするのに最適な本です。

村上春樹のランニングの話はとてもいいです。今晩読んだのが彼がオレゴン州にあるナイキの本社の一周3キロの美しい森の中のランニングコースを走らせてもらえることになった話です。写真撮影もあったその現場に村上さんはうっかりニューバランスのシューズとウエアを着ていってしまったそうです。広報担当の女性にナイキのシューズとウエアを準備してもらって、走った後にしっかりとナイキ製品を頂いたそうですが、この話には笑ってしまって眠気が覚めてしまいました。

脚に優しいランニングコースといえば酒田市には光が丘のクロカンコースがありますね。最近は日が短くてなかなか走れませんが、夏の夕方にあのコースを走って陸上部の選手たちに挨拶されて、それに答えるときはとっても清々しい気持ちになります。


レアジョブで聞いたフィリピンのお盆事情

レアジョブの講師に聞くところによれば今日と明日はフィリピンではお盆の時期に当たるらしい。道理で今週末は授業を開ける講師も少なく予約も取りづらいかった。

聞いた話ではフィリピンのお盆の過ごし方はこちらとは随分違ってるようでラテン系な雰囲気の様だ。中には家族や親族で集まってお墓の前でキャンプをしたりBBQをしたり、トランプなどをしたりして賑やかに過ごすらしい。先祖の霊が寂しがらないようにと言うよりも、自分達が騒ぎたいからなんじゃ?と思わないでもないが、少なくともその間に故人の事を話したり、想いを馳せる時間はあるだろうから、日本のお盆とも共通点は結構あるかもしれない。

個人的には、死んだらそこで終了でゼロと思ってるので、自分の死後について感傷的になることは無いのだが、年に一度くらい、残した家族や親戚が集まって交流するきっかけに死んだ後の自分がなるとしたらそれはそれでいいんじゃないかと思った。

何かの本で「人は2度死ぬ」って話を読んだ事を思い出した。肉体的な死と忘却という死。読んだ時はあまりピンと来なかったけど、亡くなった後も家族や親戚が墓の前でどんちゃん騒ぎをやってくれるフィリピンのお盆の景色をイメージすると、そういう事をやってくれる人達がいなくなってしまう事の寂しさを感じた。

| NEXT>>

プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。