スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニング中に迷子を保護

いつものように夕方に光が丘のクロカンコースを目指して走ってると、男の子がちょっと危うい感じで公道をトコトコと歩いてました。その子は車道にちょっと出ながら歩いてるので、その子の外側に回りながらなおかつ走りながら周りをみましたが母親や保護者らしい人が見えない。そしてその子はそのままふらふらと同じ方向に走っていきます。

立ち止まって、その子に聞きました。

「お母さんは?」
「…」
「名前は?」
「◯◯◯◯(フルネーム)」
「うちは?」
「あっち」
「何歳?」
「3歳」
「お母さんの名前は?」
「お母さん」
「お父さんの名前は?」
「お父さん」
「お家は?」
「あっち」

そして走る…

あたりをみても両親的な人も見えないし迷子になってこの辺りまで来てしまったのかと思って、とりあえず事故にならないように付かず離れずで様子を見ながら、走り去るわけにもいかずについてました。トコトコと小走りに歩いていきますよく見ると裸足。ちょっと、なに、この子…

さすがにその子を呼び止めて
「家に帰ろうか?おじさんが連れて行くから何処か教えて?」
「…」
「お家は?」
「わからない」
「どこに行くの?」
「あっち!(うちとはちょっと違う方向)」

参ったな…この子をおいて行くわけにはいかないし、でも変に付きすぎても誘拐的な感じに見えなくもないし、とりあえず最初の場所から離れない方がいいかな…と考えましたが、その子は、私に手を差し出して「手を握れ!」的な感じで私の進行方向である光が丘方面に小走りで進みます。その先も親スポ(親子スポーツ会館という施設)に隣接した交番があった記憶があったので、とりあえずそこまで進んでお巡りさんに迷子を渡して両親探してもらうのがいいかなと思ってそのままついていきました。

親スポについて気付いたのですが、なぜだか交番は無くなってました。さて、どうしようかと思って、その子に色々たずねるもなんともらちがあかない。その子は押しボタン信号に驚き、陸橋から見える線路に興奮しながら家に帰れるヒントがさっぱり見つけられない。考えた挙句、携帯から110番しました。迷子を預かってますと…

警察に状況を説明して、すぐにパトカーが向かうからそこから動かないように言われ親スポ前で待つこと10分前後。パトカーが二台到着。(何度も運転中に違反切符を切られてるのでパトカーには全くいい印象がなく、手を振ってパトカーを迎えるという稀な経験をしました)状況を説明して迷子を引継ぎました。説明してる間にもその子が背中におぶさって甘えてくるなどという感じで、お巡りさんに任せてその場を立ち去ることにちょっとの罪悪感を感じました。

通報者としての事情を聞かれ、個人情報を聞き出されながら毎日走ってるの?とお巡りさんに聞かれました。「まあほぼ毎日」と言いながらその時に着ていた酒田シティマラソンのTシャツを指差します。お巡りさんが「来月にサクランボマラソンには出んなが?」と聞いてきました。「あのレースは前に死者が出たことがある」

「その時には俺も走りました。熱中症で無くなった人がいましたね。タフなレースでした。あっ、今年は出ません」

その警察官もランナーらしく、なんだか迷子と違う部分で分かり合えた気がしましたが、お巡りさんにお礼を言われ、あとは大丈夫だからお引き取り下さい…と言われました。

肩の荷が下りて、そのまま光が丘のクロカンコースを一周だけして帰ることにしました。親スポの前を通るとまだパトカーがいます。よく見ると母親らしき人が迷子ちゃんを抱っこしながら涙目でお巡りさんと話しています。そのまま立ち寄って話を聞くをお母さんは地区運動会の打ち上げを幼稚園でやってたら、その子が脱走して迷子になってしまったとのこと。無事にお母さんが見つかって本当に良かったです。

自分の娘が6歳の時に迷子になって両親共々とても取り乱したことを思い出して、あと迷子の男の子の可愛らしさにもちょっと自分の娘その頃のことを思い出して懐かしさを感じました。
スポンサーサイト

中学の時の教育実習にきた先生の話

 この時期になると中学三年生の時に教育実習で当時の自分のクラスに来た先生の事を思い出します。なぜそんな30年近く前の事を思い出すのかというと、走るコースによってはその先 この時期になると中学三年生の時に教育実習で当時の自分のクラスに来た先生の事を思い出します。

なぜそんな30年近く前の事を思い出すのかというと、走るコースによってはその先生の自宅の前を通ることがあるからなんです。この桜の咲くこの時期は花見をしながら走るために日和山公園を通るのですが、そのなだらかな坂道の途中にその人の家はあります。



当時、田舎の中途半端でたいして悪くもないヤンキーもどきだった自分は放課後よく仲間とつるんで教室に残って馬鹿話をしてました。教育実習で自分達のクラスを受け持ったその先生は放課後になるとよく教室で何かしてました。今から考えると職員室は居心地が悪かったのかもしれません。そんなんで、我々はその先生をからかったり、話しかけたり、渾身のギャグをかましたりしました。


「先生は彼氏いるの?」「○○先生、マジでむかつくだけど、どうおもう??」「アイーン(変顔)」とかそんな感じでしたが、先生はそれに対して「ノーコメント」「先生ってのは大変なんだからそんなこと言わない」「www」って感じで、どちらかというと自分達に近いような感じを受けました。いつもつるんでいる6人全員はおそらく年上の女性であるその先生に好意を持っていたと思います。


特に目をひくような美人というわけでもなかったし( 失礼 )、ちょっとぽっちゃりしてたような記憶もあります。しかしとても雰囲気のいい人で、我々が馬鹿なことをするとよく笑ってくれました。実習期間も終盤にさしかかったある時、仲間の1人が「今度の日曜日、先生ん家に遊び行っていい?」と調子に乗って聞きました。先生は驚いたようでしたが、「皆で来たらいいよ」って言いました。


我々の中学の先輩でもあったその先生の家は同じ学区にあったんですが気恥ずかしさもあって、皆で一緒に行く事にして事前に待ち合わせました。その時のみんなの服の気合いの入り方というか全力感が半端なかったです。そしてかっこつけた中坊がハイテンションでそのまま先生の家にお邪魔しました。

家の中に上げてもらうわけでもなく、旧家っぽい家の広い玄関先で放課後の続きのようなノリで我々は馬鹿話をしました。休日だからか先生の雰囲気は砕けた感じで、学校で会う時とは違った感じでした。小一時間位、玄関先で話をしていた気がします。

「先生は先生になったらウチの中学に来たいと思う?」教育実習に来る人というのは将来、そのまま先生になるものだと思っていた私は尋ねました。「うーん、どうかな。先生になるかどうかは、まだ決めてないんだ。会社に勤める方が自分に向いてるかもしれないし。」



その頃は大人ってのは反抗する対象ではあっても、なんと言うかこう迷ったり間違えたりってしないものだとぼんやりと思ってたので、先生になるとも決めてないのに教育実習に来るなんて変だなと思った記憶があります。今から振り返って、当時の先生の気持ちというのは凄くわかるし、社会経験の無い学生が2週間びっしり先生としての役目を果たそうとして一杯一杯だったのかもしれません。実際、自分が新社会人として働き始めた時はもう、環境に馴染むのに精一杯だったですから。


今になってもその時の先生の気持ちの揺らぎと、不安な様子は強く印象に残っています。当時はネット環境なんてなくていろんな情報を得られなかったけど、そのかわり十代の頃に将来について過度な不安を持ったことはなかった気がします。そのまま大人になって職に就いて家族を持って自然にそれなりに平穏に過ぎて行くものなのかと思ってました。そういう将来に対するぼやっとした不安を感じたのはそれが始めてだったと思います。


自分の娘が中学生になって、彼女の目から見る世界というのは当時の自分の見ていたそれとは大きく変わってしまったと思います。不確実性に溢れた世界、大人の様子を見ることで将来の自分が薔薇色ではないことは感じているんじゃないかと思います。あの時教育実習に来た女性が見せたような気持ちの揺らぎのようなものを、自分は子供に見せているんじゃないかと不安になることがあります。いい大人になっても、毎日いろんな問題を抱えてふらふらしている。かつて自分が思っていたように大人でいることは単純じゃないだなと思います。

実習の最後の朝会に各クラスにそれぞれ来た実習生が全校生徒の前で挨拶をしてまして感極まって話の途中で泣いてしまう人が続いた後で我々の先生は拍子抜けする位あっさりとそしてキリッと挨拶を済ませてました。その後のクラスの会でも湿っぽくなる事はなくそのまま彼女の教育実習は終わりました。そしてその後その人とはあったことはないので、実際に教育実習の後に先生になったかどうかはわかりません。


5年前にランニングを始めてしばらくして、たまたまその人の家の前を通ってそのことをパッと思い出したんですね。その時のほろ苦さと高揚感がちょっと戻ってきた気がしました。

温海サクラマラソン(山形県鶴岡市)に参加しました

今日は温海サクラマラソンでジャイアントコース(30k)を走りました。例年なぜか天気の悪いこの大会、雨の日が多くコースの中盤の高地では雪が降ったこともありましたが本日は快晴!最高のコンディションでした。

このレースは距離以上に厳しいのがアップダウンの厳しいコースです。特に最初の3kの無慈悲な山道の登りは情け容赦無くランナーの心を折ります。アップダウンの激しいというよりも、前半はひたすらアップで平地からスキー場があるような高地まで登ります。そして後半はひたすら緩やかな下り。

前半の登りでスタミナも切れ気味で足もつりそうになって、体力的にはいっぱいいっぱいなんですが、この下りコースだからなんとかゴール出来たのかもしれないと思います。というのも、こういう緩やかは下りがずっと続くコースだと自動操縦みたいな感じで、自分で止まろうとしなければ勝手に進んでいきます。まあ、楽じゃないけど前半の登りに比べたら個人的には楽に感じました。

さてタイムですが今回、確か4回目の参加で初めて3時間を切れませんでした(記録 3時間3分2秒)。2週間前の笹川流れマラソン(新潟県村上市) の時も感じたのですが加齢のためか20k辺りからのペースの落ち方が酷いんです。今回も20k過ぎに失速して途中、足のいろんなところがつってきてしまい何度か止まって屈指やストレッチをしなければ、足がもげるんじゃないかという位痛かったです。

それでも下ってくるに従って蕾の桜が開いてきてて、ゴール近辺では満開の桜を見ることが出来ました。あと沿道の声援にも随分背中を押してもらったと思います。レース後半を走ってる時にはもう走りたくない!ってよく思いますが、ゴールして達成感を味わうとさっきまでも負の感情は消えていくから不思議です。

これからもレースには参加し続けたいと思っています。20k前からのペースダウンに対応するために週末のランニングの距離を伸ばして長い距離になれることと、体重を落とすことが必要かなと思いました。やっぱ、酒量を減らすことが近道かな…今日のレースの後に仲間とそんな話になりましてね。

今年の初泳ぎ

今年の初泳ぎで1k泳ぎました。かなりきつかったです。大半は平泳ぎでしたが…ひたすら泳いでいる水泳部の泳ぎをわき目に見ながらゆっくりと自分のペースで泳ぎました。

最近は走ることしか、してなくてバランスのとれたトレーニングをした方がいいんだなと思いました。

新年の誓いとして、フルマラソンを走ることにしました。スケジュールを調べたら10月に新潟マラソンと長井マラソンがありましてそのどちらかのフルマラソンに再挑戦する予定なので、惰性のような取組では、以前のタイムを超えるのは難しいという自覚はあります。

一昨年に長井マラソンを走りました。4時間半オーバーでゴールは出来たのですが30k越えた辺りで膝の裏が痛んで走れなくなって10k位歩いてしまいました。

今回は途中歩かずに完走出来るように準備していきたいと思ってます。体重も落とした方がいいし、腹筋や他のところも鍛えた方がいいのかなと感じてます。何よりも今のやる気を維持することが大事だと思うので、こうやってたまに書き込んでいこうかと思います。

本日、トライアスロンのおしんレースのリレー部門の10Kランに参加しました

走る事は好きでほぼ毎日走っています。しかし海で長い距離を泳ぐのと自転車については全く別の世界の話でした。アイアンマンレースと言われるトライアスロンは敷居が高く自分とは別の世界の話かと思っておりました。しかしながら、本日トライアスロンのリレー部門の10Kランナーに出れなくなってしまったランニング仲間がいて、その方の代役として走る事になったのです。




長めの距離は走り慣れてるので気負いはなかったのですが、当日リレーのメンバーと顔合わせをして、よく知らない人との距離も上手くとれず微妙な空気の中挨拶をしました。それでも各自の競技を全力で向き合う姿を観れば、気持ちも近くなるし自分自身のテンションも上がります。10kランはトライアスロン最期のタスクであり、個人競技の10kとは全く違った気持ちで走れました。

沿道には地元の人達が数多く応援に駆けつけていて、老人から子供達からの声援が飛んできて気持ちが上がります。そして何よりも海での1.5Kを泳ぎ切ったチームメイト、40Kのバイクを走り終えて息を切らしてリレーゾーンにきたメンバーから受け取ったアンクルバンドを足に装着して走り始めると、強い日差しと暑い気温にもかかわらず、いつもエナジー満タンでいい感じで走れる予感がありました。

スイムとバイクのメンバーの何かを繋ぐ感じは、去年初めて駅伝を走った時とはまた違う気持ちを持って走れて、自分としては納得できるタイムで無事にゴールできました。

最終ゴール地点の手前でメンバーが待機していて、おっさん三人で手をつないでのゴールでした。とっても楽しかったですね。

古田氏と為末氏が大会の選手宣誓をして、彼らもリレー部門で参加してました。古田さんの泳ぎからゴールしてばててるところも、目撃したり、為末さんと握手させてもらって写真をとって、その後同じコースを走ったりと、いろんな意味で楽しめた大会でした,



| NEXT>>

プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。