スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアジョブで聞いたフィリピンのお盆事情

レアジョブの講師に聞くところによれば今日と明日はフィリピンではお盆の時期に当たるらしい。道理で今週末は授業を開ける講師も少なく予約も取りづらいかった。

聞いた話ではフィリピンのお盆の過ごし方はこちらとは随分違ってるようでラテン系な雰囲気の様だ。中には家族や親族で集まってお墓の前でキャンプをしたりBBQをしたり、トランプなどをしたりして賑やかに過ごすらしい。先祖の霊が寂しがらないようにと言うよりも、自分達が騒ぎたいからなんじゃ?と思わないでもないが、少なくともその間に故人の事を話したり、想いを馳せる時間はあるだろうから、日本のお盆とも共通点は結構あるかもしれない。

個人的には、死んだらそこで終了でゼロと思ってるので、自分の死後について感傷的になることは無いのだが、年に一度くらい、残した家族や親戚が集まって交流するきっかけに死んだ後の自分がなるとしたらそれはそれでいいんじゃないかと思った。

何かの本で「人は2度死ぬ」って話を読んだ事を思い出した。肉体的な死と忘却という死。読んだ時はあまりピンと来なかったけど、亡くなった後も家族や親戚が墓の前でどんちゃん騒ぎをやってくれるフィリピンのお盆の景色をイメージすると、そういう事をやってくれる人達がいなくなってしまう事の寂しさを感じた。
スポンサーサイト

スコットランド独立の国民投票と我が家

娘に今日の帰宅時にオリジナル問題を出して嫌がられました。









[算数と経済の問題]

萌さんは5年前にお父さんに勧められてお年玉の1万円をイギリスポンドに替えてシティバンクの定期預金に入れてました。その時は1ポンド(ポンド)が145円でした。残念ながらイギリスもほぼゼロ金利で、その一万円に利息は付きませんでした。


昨晩、お父さんがスコットランド独立の国民投票で為替が荒れる確率が高いと思い、ポンドの外貨預金のの半分を1ポンド=174円で両替して利益を確定しました。これで萌さんは日本円でもイギリスポンドでも5年前のお年玉を受け取れます。


さて、萌さんは今何ポンド持ってて、日本円にしたらそれは幾らになったでしょうか?計算は小数点以下、下二桁で計算して下さい。

ところで、萌はそのお年玉をどうしたい?返金する??さらに俺に預けてもっとでっかい夢をみるかい?



同級生の不幸の話をきいて

さっき中学からの親しい友達から着信があって、飲み会の誘いかなにかと思って電話をかけ直して話を聞けばなんと同級生が急死したらしい。先月の上旬に亡くなったものの、死亡が確認されたのが一週間以上後で気の毒なケースだったようでした。中学を卒業してからは会ったこともなく、彼が独り身だったということもはじめて聞きました。

電話してきた友達もその件をついさっき同級生からのメールで知ったそうです。びっくりして、とにかく話したかったようでした。彼は亡くなった同級生とは結構仲が良かった時期もあったようでショックを受けてました。そして友人が受けとったメールは「…ということで、今度飲みに行きましょう」と締められてたと…

「飲みに行くより線香が先だろう~!」と3度ほどいって、又連絡するから近いうちにまた飲みに行こうって言って奴は電話を切りました。

四十路を過ぎると同級生の不幸が数年毎にあって、逝くのが本当に早過ぎるだろうということや、聞き伝えの卒業後のそれぞれの断片的な話を聞くに連れて、それぞれの人生の節目や別れ道的な事を深く考えさせられます。

この歳(40歳を過ぎると…)になると健康には気をつけなければいけませんね。健康に対する自己投資は、ある意味最も効率的でそして重要なことなのかと改めて思いました。

RIP

ブレイキングバッドをみはじめました

今日、ツタヤでアメリカのTVシリーズのブレイキングバッドの最初のDVDが無料レンタルだっていうので借りてきました。今回のエミー賞でゲームオブスローンズの第4シーズンを抑えて主要賞を独占したらしいTVシリーズです。冴えないおっさんが50歳を迎えてすぐにガン告知をされて、思いがけずに中年の危機(midlife crisis)をこじらせていく話なのですが、理科教師の主人公が以前の落ちこぼれの教え子と組んでドラックを作り始める最初の話はまあまあでした。

多分これからおっさんはドンドン悪くなっていくんでしょうな。どこまで成り上がって行くのかは気になります。まあ、腹を括って今まで自分がやらなかったと言うかやれなかった事、極端な犯罪絡みな事をやり始めることがええ~って観てる人にカタルシスを与える部分ありますね。しかし、設定的に法的な境界線を超える葛藤的な事が緩すぎんじゃないかなとも思ったけど…

とりあえず無料のDVDの最初の3話を観てから自分がこのまま引き続き観続けるのか、もしくはやめるのを決めたいと思います。しかし主人公の年齢や崖っぷちな背景が自分とも重なる部分があるので観続けることになりそうな気がします。仕事でのストレスや先行きの不透明さや家族とのちょっとした行き違い、口論って言うか喧嘩でブチ切れたいことはあるけど、家族の力関係や様々な事情でなかなかそういう自分の言いたいことを、そのまま口に出せないところを代わりにやってくれる的な、ちょっとだけスッキリさせてくれる部分がこのドラマにはあるかもしれません。

昨晩、ゲームオブスローンズの第4シーズンの6話目を観ましたが、超絶に面白いですね。ジェイミーとティリオンのラニスター兄弟の関係と会話や感情の交差を観るとズキューンってなります。この第4シーズンを賞レースで蹴散らしたブレイキングバッドの第4シーズンってどんなことになってるのかも気にはなりますがこのゲームオブスローンズがmほぼスルーされたのはやっぱり納得がいきませんな…(結局、ブレイキングバッドも全部観ることになりそうな…

自分の好きなものが他の人には以外とそうでもない事

小学校の時の担任が登山好きで、道徳の時間に自分が録音してきた山の鳥のさえずりを1時間聞かせるアンビエント野郎だったけど、自分の価値観をごり押しする人でした。

今週のニュースをみると山の事故が多いのですが、当時そのアンビエント先生が同じ死ぬのでも交通事故や病気で死ぬよりも、山で死んだ方が安らかでいいって道徳の時間に言ってて頭に⁇が浮かびました。先生曰く安らかに眠るように逝けるらしいのですが、子供心にも何か変じゃないかと思いました。

不幸にも山で遭難してしまって、捜索隊に探してもらうと後から費用の負担が発生してそれが半端ないケースがあると最近知りました。当時にアンビエント先生はそう言うことは少しも教えて下さらなかったです。山の良さや登山の楽しさ、確かに登山の楽しみは個人的にはわかるような気はするけどそれは万人向けではないと思うのです。自分の価値観が全てだと思っている風でした。

ランニングが好きで日々走っています。出来ればその楽しみを家族と共有したいと思い、以前に娘とレースに出たり家族で走ろうとしたものの、彼らには全く楽しくはなくてむしろ苦痛の部分もあったようです。自分の好きなものと他人の好きなものは違って、属性的なものが近ければ分かり合えるかもしれないけど、自分の好きなものをゴリ押ししてむしろ嫌な思いをすることもあるんですね。昔の事を考えながら今の自分を振り返りました。

| NEXT>>

プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。