スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラバキロックフェスティバル 2012 二日目

昨日は夜中まで音楽を満喫し、テントで終身。極寒の中、寝袋の上に厚手の毛布を掛けて眠りました。フェスのテントサイトってうるさい事が多いのですが、昨夜は流石に寒かったからか静かでした。朝までぐっすり眠れました。いつもの癖で六時過ぎには目覚め、活動開始。日がさしてくるとテント内が暑くなるので荷物と朝めしを持って外に出てマッタリしてました。



今日は磐越ステージで演る渋さしらずオーケストラを一発目に観ようと決めてました。フジロックの常連でグラストンベリーフェスで喝采を浴びたという、彼らのステージ観るのは初めてです。外で本を読んでるとかっこいいリハーサルが聴こえてきます。たまらず移動。ステージには30人以上が上がりリハーサルをしています。楽しいですね。実際、朝一の磐越ステージには沢山の人が集まり渋さしらずオーケストラの圧巻のステージを体感してました。祭か儀式がなんだか感情に訴えるような面もある、自分は普段聴かないような音ですが、曲なんてしらなくても十分楽しめました。



その後、ペンション泊の妻子と合流。バックホーンを聞きながら野暮用を済まし、本日の個人的メインアクトの一つ、パーマネンツ&斉藤ジョニーを観ました。パーマネンツというのはグレイプバインのアコースティックユニットのようなものです。今回は斉藤ジョニーとゲストドラムを加えた変則ユニットで参上。カバーやグレイプバインの曲を交え、クオリティの高いライブを披露してくれました。最前列で見れましたが、グレイプバインの「それでも」「小宇宙」を演った時には、両脇にいた女性等が目を拭う仕草が見られました。確かにグッときましたよ。最高。

そして鰰ステージに移動してTokyo no.1 soul set を観て、その後、花笠ステージでエゴラッピン。エゴラッピンは初めて観ましたが、圧巻と言うか上手すぎました。ロックとは明らかに違う感じなのですが熱いんですね。見れてよかったです。

その後テントを撤収して、清志郎リスペクトのカバーセッションです。一昨年の陸奥ステージで行われたセッションに近いものでした。一曲毎にアーティストが変わり歌われる清志郎の曲。彼も実際に歌ったアラバキで聴くセッションは特別です。今年の私のアラバキはこれで終わります。楽しかったです。
スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。