スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニックの大幅下方修正の記事を読んで思ったこと。

10年位前までは自分は日本の会社の電化製品に囲まれて過ごしていました。それが今や愛用の製品は海外メーカーのモノが多くなってしまいました。別に意識してそうした訳では無いんですけど。

昔は電化製品買ったら分厚いマニュアルとにらめっこしながら製品を使いこなすのに必死だったけど、直感的に使えるモノに慣れると、前に戻るのが馬鹿らしくなります。数年前に妻が東芝のBlu-rayレコーダーを買った時に、その使いづらさに閉口しました。日頃TVはあまり見ないけど、たまに気になる番組があって録画しようとするとやっぱりわかりづらくてリモコンを叩きつけたくなります。

さて、今日のパナソニックの大幅下方修正の記事を読んで考えさせられました。為替などの外部要因が大きいとは思いますが、顧客を興奮させるような製品を提供出来ていないという事が根っこの問題だと思うところもあります。

例えば製品企画の社員は自社製品を使っているのかな?と思います。

今月の10月22日発行の日経ビジネスの特集「奇跡を起こす凄い組織100」にパナソニックのある部門が二つも取り上げられてました。その一つがパナソニックの寺田工場。ここは住宅家電関連の工場でタンクレストイレを作って、国内シェアを上げているそうですよ。(凄い組織その1)またパナソニックの美容家電チームもスキンケア商品ナイトスチーマーで取り上げられ(凄い組織その29)一社から堂々二部門のエントリーでした。これらの部門が来年度の赤字に喘ぐパナソニックを支えるかと言えば厳しい感じは否めませんが、何とか日本の輸出企業には頑張ってもらいたいと思います。
スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。