スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフィア・コッポラ監督の'somewhere' と 'lost in translation' 、そしてクリスチャン・スレーターが出ている'punishment' とダニエル・ラドクリフが出ている'woman in black' を週末に観ました

映画を借りてきました。ソフィア・コッポラ監督の'somewhere' と 'lost in translation' 、そしてクリスチャン・スレーターが出ている'punishment' とダニエル・ラドクリフが出ている'woman in black' の4本です。

lost in~はマイブラのケビン・シールズがサントラ盤を監修して曲を提供してたので発売日に速攻でCDは買ったものの映画は観る機会を逃してここまできてしまいました。

woman in black は昔、ロンドンに滞在してた時にコベントガーデンの外れのシアターで演劇を観に行ったことがありましたが、どんな話なのかも理解することが出来ずに撃沈した作品です。ストーリーを理解した上でいつか機会があったらリベンジで観に行きたいと思います。

そして鑑賞…

一本目はソフィア・コッポラ監督のsomewhereを観ました。感想としてはnowhere という感じで何処にも連れて行ってはくれませんでした。

これといったストーリーもなく抑揚もなく観てて退屈ではなかったけど、一回で充分かなと。変なエピソードの盛り込み方はむかしフジテレビの深夜枠でやってた「バナナチップスラブ」を思い出しました。

主演のスティーブン・ドーフも個人的には懐かしい俳優で昔'so fuckin' what' やビートルズものの'backbeat'などにで出たのを覚えております。個人的な感覚でいえばこの映画も、so fuckin' what…って感じでした。人生のバランスを崩してる人気俳優が泣く、俺の方が泣きたいわ…と思いました。


次にダニエル・ラドクリフakaハリーポッターのが出ている'woman in black'を観ました。

ホラー映画という括りで怖いのを覚悟して観ましたが、個人的にはまったく怖くはありませんでした。日本のおどろおどろしい怪談を経て、こういう海外の筋道のしっかりした、なぜ怨みをかうのか、なぜ復讐されるのかを分かって映画を観てると、幽霊が怒るのももっともだ…と思ってしまいます。また、怖さも予想の上をいくものではなくて、安心してみられました。

ダニエル・ラドクリフがハリーポッターらしく見えなかったことが良かったです。端整な顔立ちが90年代のブラーのシンガーのデーモン・アルバーンを思いださせる感じでした。救いのないエンディングを予想したんですが、怖さは足りなかったけど思いのほかすっきりとしたあと味の終わり方でした。

3本目はパニッシュメントを観ました。原題は 'the power of Few' です。なんで邦題がパニッシュメントなのかよくわかりませんでした。俺なら「フューの奇跡」とか「口の中を噛んだ後の未来」とか付けるなと(嘘w) 罰的な印象はストーリーからあまり受けなかっし、もっと捻った方がみようかなと思う人が増えそうな気がします。

この映画、ある時間を登場キャラクターのそれぞれの視点から何度もみていく構成の映画で、作りとしては「桐島部活やめるってよ」を思いださせました。何度か繰り返してみていくうちに背景がわかってくる作りはユニークに面白かったです。

トリは lost in translation でした。外国人から見た東京ってこんな風に見えるんだ…と。自分が知ってる東京と景色と違うシーンに大好きな音楽が重なっていて、とても感慨深かったです。マイブラやジーザス&メリーチェインの名曲、フィードバックノイズと東京のネオンがマッチしてました。

ドキュメンタリータッチでこれといった起承転結のストーリーがあるわけではなかったけど、中年の危機を迎えた映画俳優の異国の地でのプリズンブレイク(抜け出して遊びに行く、映画の中でそう言ってた) 。ビル・マーレイのみせる困ったような、愛嬌のある表情が良かったです。私も異国の地のホテルに滞在して透きとおるような女性と一緒に現実から逃避行出来たらどんなにいいかと思いました。
スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。