スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーンローゼスの再結成のドキュメンタリー、made of stone を観ています。先日、TSUTAYAでレンタルしてるのをみつけてしまって速攻で借りてきました。

ストーンローゼスは私が90年代にオアシスとマイブラとプライマルスクリームと並んでの四天王的に大好きだったバンドなのです。しかもローゼスがいなかったら四天王の他の3バンドは居なかったかもしれない位、90年代の音楽シーンに決定的に影響力のあったバンドだと思うんです。

当時、局地的ですがNMEとかの音楽誌ではビートルズ以来の衝撃とも言われてました。その前にスミスやピストルズとか影響力のあったバンドはいたけどオーディエンスと自分らは一緒っていうセカンドサマーオブラブっていう大きなムーブメントだった記憶があります。クラブカルチャーの盛り上がりの創世記と重なっていて特に思い入れがあります。


ストーンローゼスはリズム隊のグルーブが半端ないとこに超絶テクのギターがかぶさるもののシンガーは素人っぽいけどそれがいいって感じ。曲は最高に良かったですよ。メロディーがキラキラしてました。

この映画はデビューしてのし上がってくところと、再結成のライブまでの過程を並べて作られたドキュメンタリーで、彼らが若い粋がってそしてとってもキラキラしてるところから、歳とキャリアを重ねての再結成のライブの様子を追っていく作りです。昔のイアンブラウンとジャンスクワイアのインタビューから再結成ライブのリハーサルのスタジオに画面が切り替わると一瞬誰だかわからなくなります。みんな歳とったな…

スパイク島の3万人を集めたライブで頂点を極める伝説のライブと再結成のライブを重ねて追っていく進行が良かった。イアンブラウンのソロのライブはフジロックで2回観る機会がありました。最初が新木場で1998年にやった唯一の東京でのフジロック。prodigyやミッシェルガンエレファント、ニックケイブが楽屋を焼いて出入り禁止になったって、ロッキンオンで知った思い入れのあるフェスで、イアンブラウンは彼のファーストアルバムの曲のみのセットリストでストーンローゼスの曲は1曲も演らなかった。2回目は苗場のフジロックのレッドマーキーにて、あの時も自分のソロアルバムからだけでストーンローゼスの曲は演らなかった。オーディエンスもそれを求めてる感じはなかったし。


確か、再結成後のフジロックのヘッドライナーを含めて3回彼らは日本に来てるけど1回も観ることは出来なかったです。でも、90年代半ばのドラムのマニが抜けた後の来日公演があってそれはチケットをとらなくて観れなくてもいいやと、その時は思ってました。ライブの日に当時通ってた英会話学校に行くために新宿駅の北口界隈を歩いてたら、偶然にもイアンブラウンと新加入のドラマーとすれ違いました。その時はイアンブラウンに似てる外人だなと思ってスルーしたものの、よく考えたらストーンローゼスが来日中であることを思い出して学校に行くのをやめてダッシュで追いかけました。緊張しながら「ストーンローゼスのボーカルの方ですよね?(緊張のためか名前が出てこなかった)」ってきいたら、「そうだよ」って、とっても気さくで感じで答えてくれました。そして英会話用のノートに嫌な顔しないでサインしてくれました。

そのあと、イアンブラウンになぜか「ケンタッキーフライドチキンはどこにあんだ?」って聞かれて辿々しくも行き方を教えて別れました。でもそのあと、あの貴重な瞬間を振り返ってみると、その時一緒に自分が案内するよ!って言って一緒にKFCに行って、フライドチキンを2人にご馳走して、自分のストーンローゼス愛を語って運良くバックステージパスをもらってライブを観ることももしかして出来たのかな?って思いました。そんなに上手く行くわけはないんだろうけど、あの瞬間は今でも"自分の今までの人生の後悔ベスト5"の一つです。
スポンサーサイト

プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。