スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の訃報のついて思ったこと

生と死はスパッと左右に分けられてるものではなくて、ごっちゃになって自分の中にあるものだと思います。今週はレイハラカミさん、伊良部さん、原田芳雄さんがそれぞれの理由で他界されました。ニュースを聞いた時は驚き考えさせられました。

それぞれのの死には、突然訪れたものもあれば自分から引き寄せられてしまったもの、向き合って受け入れざるをえなかったものもあったと思います。 普段、死ぬことなんてほとんど考えもしない自分ですが、社会自体が死を遠ざけすぎてるのかもしれないと思うときもあります。死に対してリアリティを持てないということは生きる事に対しても同じかもしれない。日々のいろんな事に追われてるうちに気づいたらこんなに死の部分が生に侵食してたということがあるのかもしれません。病気だとコレは分かりやすいですが、内面的なとこでは見えませんからわかりにくいところですね。 少しずついろんな形でそういうものが、自分の生の中に紛れ込んできてることをたまに思い出していくと、毎日が違うものになるかもしれない。

ジョブスが2005年のスタンフォードでのスピーチで「死」は「生」による唯一で最高の発明品あるといってます。古いものが消え去り、新しいものに道を開ける働きがあると。 自分の時間が有限であることっていうのはなかなか目を向けにくいものです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。