スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気自動車リーフと家族旅行 その①

お盆休みに鳥海高原に行ってきたのですが、それは電気自動車で行けそうな避暑地に行ってみようというコンセプトからでした。ペンション、コテージは7月上旬の時点で一杯だったのですが、ユースプラトーという宿舎が空いてたのでそこを予約してお盆を向かえました。

前日に、EVタイマー充電セットして翌日に電気満タンになるようにセットしておきました。ところが出発間際にスタートボタンを押してみると走行可能距離11K!充電されてないじゃないか。よく考えたら充電スタートボタンを押すのを忘れていたらしい。

これからウチで充電したら、九時間かかるって、もうダメじゃん…と思ったものの、NISSANのゼロエミッションサポートに連絡したら、色々調べてくれて鶴岡の日産自動車淀川店に急速充電器があって自由に充電できるという事を教えてくれました。

$MAMEJI

急速充電器を使うとおよそ30分でフル充電できるんですね。

一時、旅行自体が危うくなったもののお昼過ぎには充電完了。鶴岡から鳥海高原に向かうわけです。

楽しい車中の雰囲気が秋田との県境にきた辺りから危うくなります。この辺りは比較的、起伏の激しい道路で、電気の消耗が今までになかったくらいに早い。もうすでに走行可能距離が100Kを切ってます。

ここから仁賀保高原を超える山道を走ったら、今の電気の容量では帰って来れない事はあきらかでしたが、腹をくくって向かう事にしました。理論上は往復できるだけ充電したんですが、急斜面を上がるのに消費する電力は予想以上。よく走ってる道路なんですが、ハンドルを握る手も汗ばんできます。

それでも一度下り坂にくると、走行可能距離は逆に増える。回生システムによって効率のいい運転を(下り坂やブレーキなど)心がけるようにしたんですが、いかんせんコースが高原に向かってるため上り坂ばかり。何とか宿には着いたんですが、走行可能距離は30K(酒田まで70K)という表示!

まあここまできたら、最悪JAF様にお願いするしかないと思いながらチェックインしました。

$MAMEJI

チェックイン後にフロントの方に当方がEVで来たものの、予想以上のアップダウンで電気が足りなくなったので200Vの充電施設はここにはないかと訪ねたところ、それはなかったんですが我々の状況に同情してもらっていろんなところに連絡を取ってくれました。最終的に日産プリンス秋田 本荘支店の方と連絡を取り帰る日に充電できる段取りまで取ってくれました。何とかなりそうな感じです。もう後は、はなるようにしかならないという事でしばし、車の事は忘れ家族でリラックスの休日を過ごしました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。