スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISSANが北米でリーフのリチウム電池の二次利用を事業化へという記事を読んで。

NISSANからニュースリリースがありました。引用)
※米国中西部時間1月18日13:00(日本時間1月19日4:00)北米日産より発表されたレリース

2012年1月19日
北米日産、ABB、フォーアールエナジー、米国住友商事、
北米市場における「日産リーフ」リチウムイオンバッテリー二次利用の事業化検討を開始)


リーフに積んであるリチウム電池は使用年数ととに劣化します。恐らく乗って数年後には走行可能距離が新車で購入した時の8掛けから7掛けになることでしょう。それでもバッテリーの価値自体がゼロになるのではなくて、買い替えや6年後のメンテナンスの時の担保になるようになっていくのですかね?

引用) 今後、4社共同で、電気自動車用として使用後のバッテリーの二次利用による、商業・産業用蓄電システムやバックアップ電源について、市場ニーズの調査やビジネスモデルの検討、試作システム開発や技術評価、実証試験並びに事業性の評価などを実施していきます。

EVは電池の塊のようなモノでコストとしてリチウム電池の占めるところはとても大きいと聞きました。量産のスケールと使用後の再利用の方法が確立されれば、電気自動車はもっと身近なモノになるかもしれませんね。

引用) 電気自動車用リチウムイオンバッテリーは、パソコンや携帯電話用小型リチウムイオンバッテリーより寿命が長く、自動車用として使用した後も、家庭用のエネルギー貯蔵やスマートコミュニティでのエネルギーマネジメントシステムなど、定置型バッテリーとしての二次利用が可能です。今回のパートナーシップで評価する蓄電システムは、使用量の少ない時間帯に電力を貯蔵し、需要の多い時間帯にはグリッドに戻すことにより、効果的な電力需要・供給調整を可能にするもので、停電・節電時のバックアップ電源として利用することも可能です。)

二次利用の他にも、夜間の安い電気をリーフに貯めて置いて日中には電力会社から電気を買うのではなく、リーフから電気を供給するなんて事も出来るようですね。面白いですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。