スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気が出づらい

自己啓発本を読むのは好きだけど、自分が読んだ本から得られる情報と自分の進捗率を比べると自分は同じところに留まっている気がすることが最近よくあります。本から学びがあることはあるのですが、読んでいい気分になっておしまいのような気がするのです。最近寒いこともあって朝も早く起きれないし、SNSをチェックしてるうちにあっと言う間に1時間以上たってて、この時間があったらどれだけ本が読めたことか!と思って自己嫌悪になったりというちょっとネガティブループにハマっているような気がします。

『7つの習慣』に書いてある優先順位の話を思い出しました。物事には第一領域から第四領域があって、①は重要で緊急なこと②は緊急ではないけど重要なこと③が重要ではないけど緊急なこと④が重要でもないし緊急でもないこと  の4つの領域に分けることが出来るそうです。さっきあげた長時間のSNSチェックやネットサーフィンはこれの第四領域の重要でもないし緊急でもないことに当たると私は思います。これに時間を費やしすぎると失った時間のことを考えて強烈な自己嫌悪に苛まされることがあります。これは時間の無駄でもっとも時間をかけるべきではないと思っていました。

先日、平本あきお氏の『勝手にモチベーション』というDVDをTSUTAYAで借りてきて見てみました。あまり期待せずに観た訳ですが、優先順位について面白いことを言ってました。

モチベーションを上げるために自分軸をしっかり持つことと、賞罰でやる気を上げるのではなく強化、つまり行動している時の自分の感情にうったえるやり方を考えて、闘わないで自分の行動を変えていこうということを強調してました。たとえば禁煙をしようとする。その際に大好きでしょうがないタバコを止めるために努力するのではなく、まずタバコを嫌いになる経験を自分で作ってしまう。そしてその意識を拡大して止めたいことに挑戦する。そうすると以外とすんなり止めれたりするそうですね。止めたくないけど頑張るよ!なんて言うと失敗してしまうんですね。

また新しく挑戦したいことがあったとする。たとえば英語をマスターすることを目的にするとしたら、それを達成したことを臨場感を持って達成した時のことを想像する。そして①ちゃんとやらずに②最後までやらずに③効果が出るまでやらずに④わざわざ時間をとらないでずっとやって行くことを心がける。こういうふうに自分を追い込まずに常に自分の生活の一部になるようにやっていけばいいというんですね。そう言われれば何とかなるような気がしますね。

さっきの優先順位の件ですが、自分が自己嫌悪に苛まされる重要での大事でもない第四領域に時間を撮られてくことはリラックスや、リセットのためにある程度は必要なことだというんですね。不真面目なことも必要で完璧主義を捨てた方がいいんじゃないかいと。その代わり重要ではないけど緊急な第三領域にかける時間をいかに減らすかという取り組みをする必要があるということです。たとえばアウトソージングしたり優先的に片付けるなどして、生まれた時間を、緊急ではないけど重要な第二領域に当てはめていくと、心と体がバランスが撮れて快適な状況になっていくということですね。行動に落とし込むために頑張りすぎないことも大事なことだなと思いました。

明日から小ちゃなことから頑張らずにやって行きたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。