スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一ヶ月でヨーロッパはサマータイム

昨日、今日と徐々に春めいてきました。今年は寒さが身に染みる冬でした。まだ終わってないですがね。もう一ヶ月でヨーロッパはサマータイムに入ります。イギリスは8時位まで明るくなり、とてもいい季節になりますね。

大昔、学生だった頃一ヶ月間ロンドンにホームステイして語学学校に通ったことがあります。始めての経験でとても楽しかったのですが、帰国の日がサマータイムに代わる日だったんですよね。

当時はリコンフォームという、航空便の搭乗一週間前に帰国の確認をする義務があり当時のサベナ・ベルギー航空会社(今は吸収合併されたのかありません)に連絡も済ませました。確かに準備をしている時には帰国日がサマータイムに変わる日だということはしっかりと覚えていたんですよ。

しかし、若い自分はできる限り色んな事を吸収しようとあっちこっちを周りながら一番大事なことを忘れてしまっていたのです。時計の短い針を一時間だけ進めるという簡単なことを。

当日、空港には早めに着いてサベナ・ベルギー航空のチェックインカウンターで手続きを済ませました。時間に余裕を持って行動し、前日寝過ごすのが恐くて結局、徹夜で空港に行きました。空腹で早めに着いて時間もあったのでレストランでモーニングでも食べる事にしました。でも時計の針を進めることはすっかり忘れていました。徹夜なんてするもんじゃないですね。

お察しの通り、飛行機には乗り遅れたんですよ。のんびりと朝めしを食べてるうちに飛行機はベルギーに向けて飛び立っていました。何も知らずに搭乗口に行ったら係りの人は飛行機は行ってしまったというのです。目の前が真っ暗になりました。

その時にはじめて、現場で学んだ英語が生きたんですね。自分はキチンと空港に時間通りに来たけどサマータイムに変わる事をすっかり忘れてしまって本当すんませんでした!何とかなりませんか?ってヒースロー空港で頼んだら、係りの女性が電話をかけはじめます。何だか話してるうちに、話がまとまったみたいで、「わかったわ!○○まで行きなさい。ブリュッセル行きのブリティッシュエアーウェイの飛行機が待ってるからそれで飛べば日本行きの飛行機に間に合うわよ」って言うんですよ!奇跡だと思いました。その人が天使に見えたのは言うまでもありません。

すったもんだあった後に、無事に日本に帰ってこれました。もし、あのまま帰ってこれなかったとしても、まぁ何とかなったのでしょうが、経済的な負担が大き過ぎますね。おそらくプラス50万以上かかったんじゃないかな。ですから本当にラッキーだったと思います。

今から丁度20年前にイギリスに行ったあの体験の一つ一つをとったら結構しょぼいとは思いますが、あの時の経験が今の自分を作っている事は確かだと思います。若さっていいですね。

今から20年前の今頃、ちょうどバイトを辞めてトランクに洋服やノート、本やカセットテープなど色んなモノを を詰め込んでいたと思います。当時は自分なりの狭い世界で奮闘してましたが、準備をしながら昂奮していた事は確かです。イギリスの音楽が大好きで行きたい所も沢山ありました。当時はネットもなかったので雑誌や「地球の歩き方」を読んで着いてからの行動を考えていたと思います。懐かしいですね。実際に自分の目で見たアビーロードやキャバーンクラブなんかはキラキラしてました。

ところでBAに乗って無事にブリュッセルに着き、最終的に日本便に乗れたのですが成田空港荷物受け取りのレーンでいくら待っても自分のトランクだけが出てきません。ブリュッセルで持ち主がいなかったトランクは南アフリカンに飛んだでしまったようで、結局成田空港で未着書類を提出して荷物を待つ事になりました。その後一ヶ月後に私のアパートに荷物が届いたのですが、届いたトランクには何故かロンドンで買ったポ○ノ雑誌だけが入ってませんでした。他のモノはきっちりと入っていたのに、洋服と洋服の間にしっかりと隠しておいたアレだけが何故だか…おかしいですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。