スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Facebook対Google」の記事を読んで

一月遅れでクリーリエの記事、「ウェブの未来を賭けた戦いが始まった」を読んでます。検索から始まったネットの世界はGoogleによって精度を増して便利になりました。でも今はどの記事を読めばいいのかはFacebookの友達が教えてくれるし、どの映画や美味い食べ物もSNSの友達が教えてくれます。ある意味大事なのは誰と繋がるかですね。

Googleにとって悩ましいのはFacebookのソーシャルな活動やlike!などの大半がグーグルのアルゴリズムに引っかからずに検索の正確さを失って行く事だというのですね。

実際、ある調査によればFacebookの滞在時間が一日、7.5時間てそれに対してGoogle+は3分という衝撃のデータが出てました。自分もユーザーとしてGoogleには使ってますが滞在時間は大分少なくなってます。

また、グーグルが3月からインターネット上の各種サービスで収集した個人情報を一括管理する方針を打ち出して波紋を広げています。グーグルはサービスの利用状況などを横断的に分析すれば利便性が上がると言いますが反発がする向きが多く、日本でも総務省が異例の懸念を表明するコメントを事前に出してました。

Pinterest や こちらではまだよく使えない Netflix や spotify など最近の新しいSNSサービスはFacebookやTwitterのアカウントをまず求められます。Google+ではないんですよね。

情報が溢れかえる世界でどの情報を取るかという意味でFacebookから得れる情報というのはデジタルな中で少しアナログな感じはします。最近、うちの奥さんもFacebookを始めたのですが、実際に知ってる人としか友だちにならないと豪語して、友人は私を含めた二人です。この場合だとソーシャルもリアルもあまり変わらないかもしれませんが…
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。