スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しさライセンスについて

自己啓発本を読んで、したり顔でああだこうだ言われるのも嫌なものなんでしょうね。自分も気をつけます。

ちょっと抜けているぐらいがちょうどいい時もあるし、張り詰めてばかりいたら疲れてしまいます。

ネガティブとポジティブのループをグルグルと回っているような感じで、ちょっと落ち気味の時に頑張れ頑張れ言われても逆にしょげてしまうような。

だいたい、正論を真っ正面からすばっと言われると身も蓋もない時ってあるんですよ。

やさしさとか、言い方ってのは大事ですよね。近かったり、親しい人ならなおさら、伝え方で受け取り方も変わってくると思うのです。

例えばさりげなく相手を気遣う事が優しさの一つだと思います。

数年前、娘の学校の行事で劇がありまして、娘が壇上で大きな張りぼてハンマーを持ってクラスメイトの叩くという役をした事がありました。張りぼてだから、多少当たっても痛くないはずなのに、明らかに止めてるというか叩いていない。これでは大根役者です。しかし親バカな自分は、これは優しさだ!と思いました。

でもあからさまなので「優しさライセンス4級」ですね。

相手の立場になって考えなさい!って小学生の頃に先生によく言われました。しかし大人になって世の中に揉まれていくと、自分の事で精一杯で、なかなか相手の事まで考えられない時もあります。仕事上ではライバル会社を出し抜いたり、強い態度で対応しなければいけない。こんな時には優しく的なモノが甘さや弱さになったりします。

またイライラしている時なんかは身内にあたってしまう時もあるかもしれませんし逆の場合があったりします。

十年以上前に会社勤めしていた時に後輩が「優しさライセンス」って言ってたのをたまたま思い出しました。言葉遊びのようなもんですが、上司に糞味噌に言われると励ましてライセンスの等級が上がっていくわけです。


今の自分は「優しさライセンス」何級かな?と思います。優しさと甘さってのも線引きが難しいところなんですが、とりあえず優しくして欲しいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。