スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアルキラーアイリーンというドキュメンタリー映画

モンスターと呼ばれた女というドキュメンタリーを観ました。a life and death of serial killer/ Aileen という原題です。この女性、カメラの前でよく喋ります。何人殺そうが自分は礼儀正しくて正当防衛であったと言ってました。

彼女の話は支離滅裂です。しかし生い立ちを追うとさらにもう滅茶苦茶。全米発の女性連続殺人犯は取り巻きというか、環境と周りの人も相当酷い。

アイリーンの死刑執行までを追うかたちで話はすすんでいきます。警察が自分にレイプ犯を始末させたとか、野放しにしてた連中にやらされたとかそんな話を繰り返しながら実際連続殺人自体を否定はしません。筋だった話はキチンとするし、話自体にもちょっと引き込まれるところはあるのです。

そしてこのような注目を集めるケースには人が群がります。お金の匂いがするのでしょうかね。アイリーンの周りの人もよく喋ります。死刑執行のちょっと前にアイリーンが自分の生みの親の謝罪について聞いたときに、目を引ん剥いてあいつのことは絶対許さない!というところは強く印象に残りました。

日本の犯罪史に残るようなケースで、これだけ受刑者が喋る映像を含むドキュメンタリーって作れないでしょうね。これを一緒に観てた奥さんが席を外した時に、DVDを一時停止してその時に流れてきた9時台にやってた連ドラが流れたのですが、そのクオリティーが酷すぎて驚きました。日本のTV番組で、腰を据えて観れるのって限られてるなと思うのは、自分が歳をとったからなのかもしれません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。