スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「下町ロケット」を読みました

「下町ロケット」を読みました。友人からとにかく面白いから読んでみなさい、という事で本を貸してもらい昨夜から読みはじめました。時が経つのを忘れ読み進め、あっという間に読み終えました。



ロケット、ものづくり、特許裁判、企業買収、マネジメント、家族の再生、夢、漢気などがミックスされて、登場人物のキャラクターをしっかり描きながら小気味良く話は進みます。

簡単に言えば、中小の町工場のシンデレラストーリーのような、もしくは企業任侠ドラマとでも言うか、読んでいてとにかく話に引き込まれますね。細かい内容についてはネタバレになるので触れませんが読んでてとでもスッキリしました。

登場する企業は実際イメージが重なるものがあり、要は三菱重工 対 町工場 な訳です。そして強いものに屈しない気持ちと、ものづくりへの拘りと自分の仕事への誇り。自分の夢とお金を計りにかけて、夢を選ぶというのは青くさいのかもしれませんが、何のために仕事をしているのかをとても考えさせられました。

池井戸潤氏の本は初めて読みました。最近はビジネス本を読む事が多く、とにかく内容を吸収する事と、量を読みたいという読者が多かったのですが、こうやって夜更かしして、気づいたらこんな時間だったの?っいう読書もいいですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。