スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「だけどくじけない 子供達からの元気便 3.11A new beginning」を読みました

去年の震災の記録です。自分の娘と同じ年代の子供達の写真と文書で構成されています。子供達の言葉は真っ直ぐで、それゆえに心に響きます。写真に収められた子供達の生き生きとした笑顔がずっと続く事を願います。



自分達なりに何とかしようという事や、やるせなさ、変わってしまった事や折り合いをつけなければならない事と向き合っていかなければならない事が感じられます。

一番つよく感じるのは子供達の強さ。外で遊べない事や、居なくなってしまった友達に対しての想いが語られる中で、将来自分が何が出来るのか?と考えている強さが素晴らしいと思います。

この子供達がいる事で周りの人がどれだけ救われるのかと思います。その反面、ここに居るべきだった子供達の事を考えると、自分がその子供の親だったらと思うと心が張り裂けそうになります。

あの震災の経験から子供達が感謝の気持ちや困った人を救いたいと言う事を聞くと、自分も何かしなければと思います。

引用)地震が終わってからも福島の被害は大きすぎ、もう大人の目には光が残ってませんでした。だが子供の目には光が残っていました。私は今を大切に指摘、自信の光りで一歩一歩道をきりひらいて、どんどん笑顔を作れるひとになりたいです。わたしは未来がぜんぜんこわくありません。私には仲間がいる。そう、五年五組という希望のいえ華族がいる。(優花10歳)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。