スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の日経新聞に「日産・住商、EV用電池を再資源化 」という記事が載っていました

今朝の日経新聞に「日産・住商、EV用電池を再資源化 」という記事が載っていました。以下引用)

 日産自動車と住友商事はEV(電気自動車)用電池のリサイクル事業に乗り出す。5月にも両社が共同出資する電池事業会社の資本金を倍増するのに合わせ、EVの使用済み電池を顧客から買い取って、住宅用などとして転売する。割高なEVを購入する顧客の負担を軽減する狙い。


EVについては本体に対して電池の占める割合が半分くらい(およそ200万位)になるので、このような利用方法はEVが普及するのに不可欠ですよね。このような利用法が出てくる事は、リーフ購入の際にディーラーが可能性として言及してました。

リーフに乗ってこの先、5年位経って電池が消耗した時点で、費用負担が少なく形で電池をより高性能なものに交換出来れば良いのになぁ~と思っています。

もし6年乗って劣化した電池の取り替えで200万かかるとしたら、とても厳しい費用負担になります。もちろんこれから数年で技術の進歩などでコストが下がる可能性も多いにありますが、不確定な話ですからね。

この記事にはEVの電池の買取価格までは言及されてませんでした。もちろん高く買取ってもらえるに越した事はありませんが、事業としての採算などを考慮すると、リーフのリチウムイオン電池は50万位なのかなぁ…と思いますが、どうでしょう?
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。