スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kobo touchの使用感、実際2日間使ってみて

Kobo使ってます。低スペックガジェットですが、持ち歩いて使うには丁度良い気がします。バックライトのない液晶は長時間読み続けても眼が疲れません。また軽くて片手で持ったまま読み続けても、重さを感じません。本を読む時は両手で持たなければ支えきれませんが、koboではむしろ実際の読書よりも楽だと思います。

読み続けていると、ガジェットを使って読んでいる感が全く無くなってきます。おそらくeインクの質感が印刷された本の紙の質感ととても近く、脳が新書を読んでるのと錯覚してしまう感じです。

私はトラベラーズノートという手帳を使っているのですが、koboはこれにスッポリ収まります。これは持ち運ぶのに便利だし、サイズがピタッとはまった時は嬉しかった。






さて、eブックストアで本を二冊購入しました。一冊は「Think simple Appleを生みだす熱狂的哲学」という今年出版された本。1143円でした。実際の本は1600円するそうです。もう一冊は1Q84の英訳版。ブック①②③まとめて1495円でした。価格に手頃感があると嬉しいです。





どんどん使い倒していきたいと思います。もっと読みたい本を手頃な価格で出して欲しいですね。また月定額で好きな本をダウンロード出来るようなサービスが出来たら嬉しいですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。