スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kobo使ってみて その3

Kobo持ち歩いてます。隙間時間にiPhoneでSNSチェックする時間が読書に使えてとてもいいです。カスタマイズ出来るようで、設定も変えてみました。まずはフォント。



デフォルトのフォントです。見やすいですが平仮名がちょっとかすれる気がしてました。そこでフォントを変えてみます



モリサワゴシック。字が太く、大きくて読みやすいです。日本語のフォントの種類が少なくて選択肢が限られてるのが残念ですが、カスタマイズ出来るのは嬉しいです。



ところでウチで積読本がたっぷりあるので、自炊してみてkoboで読んでみようという事で二冊やってみました。「真贋」吉本隆明「自分を変える生き方」デビィッド・シーベリーの二冊。理由はまだ読んでいない事とほんのサイズが小さめでスキャンしても文字が潰れないかと思ったからです。

本を解体して、裁断機で端っこを切る



そしてスキャナーでスキャン


この工程自体は楽しく出来ました。そしてKoboにいれて読んでみたのですが、画面の解像度の低さからか文字が潰れて読みづらい…これがkobo




これじゃ読めないと思ってiPadに入れてみました。



とても読みやすい。

自炊した分は結局、iPadで読む事になりそうです。フリーソフトでkoboでPDFファイルを読みやすくするようなものを見つけましたが、そこまでする事はないかなと思いました。

結論、Koboの解像度では自炊したファイルは見にくい…

Kobo というガジェットは個人的な意見としてとてもアナログ臭がします。タブレットの延長で考えて購入したら使えないし、読書のツールとしてだけ考えれば悪くないとおもいます。要は使い方ですね。しかし、自炊したものが読みにくいのであれば、やはり楽天にコンテンツを充実させてもらわないといけません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。