スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥海登山

7月の最終土曜日に子供の学校の行事で鳥海山に登りました。当日は晴天、暑い中での登山になる事は覚悟して参加しました。行のバスから望む鳥海山、厚い雲がかかって全景が見えません。バスに揺られる事40分、登山口の駐車場につく前には辺りは深い霧に覆われ視界が極端に悪い。小学生の行事だし慎重に登山は中止になるかもしれないな…と思いながら登山口に到着。



暫くこのイベントの登山の係りの父兄がアタックするかどうかを話し合ってましたが、ほとんど躊躇する事なく登山に出発する事に。円陣を組んで掛け声を上げて登山開始です。雨が降ったり風が強かったりし過ぎたら中止だそうですが、霧は決行なんですね。どうやらこの日の鳥海山は濃霧注意報出たそうですね。

自分が鳥海山に登ったのは自分が娘と同じ年だった凡そ30年前のことです。どういうルートで登ったのかは覚えてませんでしたが、正直そんなに大変なものだとは思ってませんでした。日々走っているし、スタミナもあるから子どもと一緒の登山なんてのはレクリエーションの一つだろんと。舐めてました…



足場は悪いしとても急な登りです。トレッキングというよりロッククライミングの要素が入った感のある登山で軍手を着用して岩を掴みながら足場を確認して山を登る。よく小学生の子供達がこんなにきつい事を、リタイア無しでやり遂げる事が出来たな!と関心しましたよ。



霧で視界が悪く残念ながら山から見下ろす絶景が望めません。風が吹いて霧が晴れそうになる時もあるのですが、なかなか上手くは行きません。

登山開始から二時間ちょっとで河原宿に到着。ここで昼飯です。暫く川沿いでリラックスしたのち、記念撮影のために大雪渓に移動。下界は猛暑なのに20K位高くなるとこんなにも涼しんですね。



この雪渓を登り、さらに登り続けると頂上に着きますが今回はこの雪渓で折り返しです。初心者が日帰り登山というとこの辺りがいいところのようです。帰りは川を横切る行きとは違うところを通っての下山。景色が見れなかったのは残念でしたが、霧で気温が上がらなかったことは今日の登山者の体力を奪うことなく比較的楽な登山だったようです。ピーカンの空だと暑さと日差しから体力を奪われ熱中症になったりする事もあるかもしれません。久しぶりの登山はとてもいい経験になりました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。