スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走る事と自分の仕事の類似点について…

やっと涼しくなって、何をするにも楽になったように思います。今年は九月に入っても真夏日が続き、毎日のランニングも厳しく感じました。

同じ距離を走るのでも10度気温が変わると疲労感が全く違います。30度オーバーでのランニングだと3Kぐらいでバテてきて歩きたい誘惑にかられます。

もし、そこで折れて「次の信号までだけ歩こう…」という自分の声に従ってしまうと、そこから又走り出すまでは、相当の心の強さが必要になります。結局、次の信号どころか残りの殆どを歩いてしまったりする事になるのです。

練習だけじゃなくてレースでも途中ある程度歩いてしまうと再び走り出すのはとても難しいです。ちょっとだけ…と思っても、それですまなくなってしまうのです。前にフルマラソン走った時も30K手前でちょっとだけと思って歩いてしまったらそのままズルズル10K位走り出せませんでした。

無理をし過ぎて体調を崩したら元も子もないですが、ある程度無理をする事で走りきれる時もあります。それに対して一度、止まる事で前のペースに戻すにはそれまでの倍以上の労力を要する気がします。

これって仕事を一年くらいの長めのスパンでみた時に近いものかあるのかもしれませんね。一旦ズルズルとだれてしまうと、修正が難しいですよ、自営だと特に。

そう考えてみると、仕事においての気温的なものって、経済環境や景気的なものでしょうかね。震災後からただでさえ厳しい状況が更に落ち込み、ずっと真夏日が続いているような厳しい環境だと感じております。

自分は仕事の上で走り続けているのか?って言えば怪しくて、ここ一年ちょっとは歩いてるのかもしれません。また、止まってしまったりリタイアしてない分マシなのかもしれませんが。

歩いてる時間が長いと走り始めるのはしんどいですが、環境のせいにしないでやらなきゃと思いました。走りださないといけません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。