スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadミニ的なガジェトが来週にも発表されそうですが…

iPadミニの発売が今月の23日に発表されるようですね。リーク情報が中心の話ですが実際に出そうな雰囲気です。7インチディスプレイでおそらく16GBの容量が24800円からになる可能性が高いようです。このガジェット、先に発売されたネクサス7と比べると高いという意見があるようですが、32GBのiPod touchと同じ価格で、新しいiPadよりも手頃です。私は是非とも使ってみたいと思ってます。

iPadは初代から新しいのが出る度に購入しておりました。友人に譲ったりしたもので三枚持ちの時期はなかったですが、iPad二枚にそれぞれが違うアプリやコンテンツを入れて有意義に使っていた時期もありました。今、持ってるAppleのガジェットはすべて16GB以下なのですが、それは私の予算の問題でもあるのですが、一つのがの容量として本当に自分が使うコンテンツを断捨離するとそれぞれに充分収まるのではないかと思うのです。何に使うのか?という事で。例えばhandbrakeで落とした自分のDVDのビデオはiPadに入れて観てることは多いですがiPhoneには入れてもそれで観る機会は無いし、逆にiPad入れる音楽は幾つかのプレイリストに限られてますね。

電子書籍リーダーとしてKOBOを使ってたのですが、端末の価格としての値ごろ感はあったのですが実際、自分で見てみたいコンテンツが見つけられなくて使う機会も最近めっきり減っております。もし、リーク記事のようにiPadミニが出たとしたら、軽さや持ち運び安さから電子書籍リーダーや仕事用アプリガジェトとして使いたいと思います。実際、KOBOで購入した電子書籍よりもiPadアプリの電子書籍の方が随分使いやすいし、メモ、しおり、アンダーライン、SNSとのシェアなど使っての快適さは段違いです。

私が思うに、ガジェトのスペックを他のものと比べるのはあまり意味がないのではないかと思うのです。要はどんな経験が出来るのかということだと思います。例えばDLしたキーノートや iMovie,Garage BandなどのアプリはiPhoneよりも7インチディスプレイの方が使いやすいと思います。ずっとiOSやMacを使っていたユーザーには母体のMacに収納してあるコンテンツやアプリ、結構眠っているものもあると思います。それがガジェトのサイズが変わることによって使い方が変わるのではないかと思うのです。

iPadミニは自分の持っているコンテンツやアプリを使いきれるという意味では、ネクサス7やKindleファイヤーを使うよりも明らかに、使って見ての広がりがあるような気がするのです。バックや入れ物を入れ物を変える感覚に近いかもしれません。自分の日常をいかに充実させるかという点では中くらいで軽くて持ちやすいiOSタブレットってのは活躍する思います。先月の新商品発表時の新しいiPod touchやiPod nanoは魅力でしたが、前のiPodあるので個人的に使う機会が見つからない。でもiPadミニは使うシーンが浮かんでくるのですよね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。