スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のアカデミー賞の外国語部門を受賞したイラクの映画、「別離」を観ました

今年のアカデミー賞の外国語部門を受賞したイラクの映画、「別離」を観ました。娯楽作とは言いづらい作りですが最後まで飽きずに見れました。

登場人物たちは自分の言いたい事を言いっ放しでわかり合おうという事が見えません。きっと中東の人達ってそんな感じでないと生き残れないのかとも思いました。

その中で宗教観が楔のように刺さり、自分の周りの優先順位とは明らかに違う世界を見ることが出来たのは良かったと思います。

中東でも宗派によって大きな違いがあるようですがイラクでの生活というのは思ったより自分達の生活とギャップはありませんでした。

譲れないものと主張の強さからぶつかりっ放しでも、最後にコーランに手を付いて誓った事に嘘が有ったら呪われる、という恐怖心というのが彼らにあるのですね。嘘と信仰心、家族の繋がり。同世代の娘を持つ父親としての目で見てしまうところもありました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。