スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キプロスショックと議長の発言ショックなど

今回のキプロスの第二銀行整理にあたっての富裕層(ロシア人の)に負担を求める件がダイセルブルーム議長の昨晩のコメントでマーケットに冷水を浴びせる形になったけど、このある意味機然としたモラルハザードはさせないっていう対応はドイツ国民にとっては溜飲が下がる展開でメルケル首相の支持率が上がるってのは思いもしない展開でした。

9月の独連邦議会の選挙でドイツ政権が不安定になるってのはとっても大きなリスクだと思うので棚から牡丹餅ではないけど、長い目で見たら悪いことだけでもないキプロスショックだったのかもしれないかなと希望的観測過ぎますがちょっとポジティブに考えています。

それにしても山形県と変わらない面積の小国の危機がドイツとロシアの綱引きを演出するというのは、ニュースを追う上ではとても面白かったけど、ユーロ危機は当分終わり様がないということを再確認しました。

来週は新総裁の日銀金融政策決定会合で出尽くしとなって為替は荒れそうなので気をつけて振り落とされないようにしたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。