スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子でのオンライン英会話について

最近、親子でフィリピン人講師によるオンライン英会話のレアジョブをやってます。娘にも馴染みの講師が3人ほど出来て25分の授業を週に3回前後受けてます。

始めてから2ヶ月程度経過して大分慣れてきたようです。講師とのフリーカンバセーションが中心で出来るだけ勉強的なイメージを持たないようにやっています。いやいや、やっても身につきませんから。

昨夜、授業で「今日はどんな事をしてたの?」という質問に娘が、「小学校の離任式があってそのあとにプリントを何件か配りに行って疲れた」って事を伝えようと、うーんうーん言いながら単語を紡ぎます。わかんない言葉は背後にいる親父に聞きながら、話していますが、そんな中「~で」ってなんていうの?って聞かれました。


「娘や、その言葉は英語にはありません」

前置詞に当たる部分だけど、前後の言葉で入るか言葉は変わるし、日本語を英語に変換しようと考えると英語を話す上でブレーキになる場合が多いと思うのです。

その辺りの事をどうやって分からせるかというと、自分もよくわかっていないので難しいです。言葉としてのつくりが全く違って、結論を前もって言わなければならない言葉であると思います、英語は。出来れば、英語のボキャブラリー自体を増やして、自分の英語のボキャブラリーから言葉を構築して話すようなイメージに出来ればいいのですけどね。

これから中学に進学して英語を学ぶ中で、和訳や従来の教育カリキュラムがかえって言語としての英語を使う事から遠くならなければ良いのですけどね…
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。