スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソンと日常の行き詰まった感覚について

ここ数年でいろんなレースに参加してきたけど、会心のレースがあればパッとしないものも有りました。でも、どれも振り返るとそれぞれの特別な思いがあり、特にダメだったレースからは反省するべき事が分かるきっかけになったりするから不思議です。

リタイアするか迷った不甲斐ない鳥海高原マラソンはその後、尿道結石になったりして散々だったけど、その悔しさも有って翌年に同じレースを走り切った時の達成感は格別でした。

何処かに行って帰ってくるその中でいろんな事を考えながら走るわけですが、たまにランナーズハイに入る事はあってもそれは長く続かず、苦しい時間が長いんだけど到着地点が決まっている訳だし何とか走り続けて、途中で歩く事になったとしてもゴールに向かっていればだいたいはたどり着けます。(レースの場合は制限時間がありますが…)

そう考えると今やってることで上手くいかない事があったとしても、ゴールに向かって進んでさえいればいつかは着けるわけです。仕事や勉強などでも当てはまる事だなぁ…とTwitterでの友人とのやり取りで思いました。

昔のコーチは「諦めたらそこで試合終了ですよ…」と言ったものですが、止まったらそこでレースが終わってしまいますよ…と言う感じでしょうか?

実際の日常の中で、行き詰まった時やイラついた時はそれがどんなものからもたらされたのかは冷静に考えられませんが、その状況をもしハーフマラソンレースの15K近辺の状況に近いともし考えられれば、踏ん張れる気はするのです。

再来週の日曜日には温海で行われるサクラマラソンの30Kを走るのですが、走り始めるまでの高揚感や途中の苦しさ、ゴールの到達感をしっかりと記憶して、日常生活の、自分がたるんでる時や苦しい時に思い出せるようにしたいなと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。