スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の温海サクラマラソンに参加しました。

明け方に目を覚ましたら雨が屋根を打つ強い音がしていて嫌な予感がしていたのですが、朝起きても雨は止んでおらずおまけに寒い。気温が低いのは構わないけど、雨の中のマラソンは遠慮したかったんですが。



今年で温海サクラマラソンに参加するのは3回目になります。去年は土砂崩れがあってコースが変更になりましたが、今年は例年のコース取りとなったようです。高低差の激しい独特のコースは知らないで参加したランナーの心を無慈悲に砕きます。

平地のスタートから基本上がりっ放しで一本木スキー場まで(今日は雪が降ってましたよ)230mの高低差を上がり続け、そこから温海ダムを眺めながら下るというある意味マゾヒスティックなコースは、私を含む一部のランナー達から熱烈な支持を得ていると思われます(多分…)

さて今年のレースは冬場からの体重増加の影響もあって、好タイムは期待出来ないぞ!と感じておりました。むしろ悪天候の中で完走出来たら御の字かもしれないという弱気なメンタリティ。ただ、過去の参加経験からレースのシュミレーションは出来ます。30Kという長いレースですからぬくところと、気合を入れるところのバランスを考えないとゴールまで足が持ちません。

今回は完走することを優先事項にして最初にして最大の難関の越路峠を登りきるまで助走的に力を抜いて、峠を下るところがスタートというイメージを持ってレースに挑みました。雨は降り続いてましたが特別強くなるのでもなく、アノラックと帽子と手袋で防寒装備が功を奏して、思った以上に快適なレースでした。

折り返しまで特別に疲労感も無く雨もそんなに気にならなかったです。4K毎に給水スポットがあり一部ではバナナも出してもらいました。沿道の声援も温かく感じましたし、多くのランナーと一緒に走り、そして抜かれたり抜いたりするのは一人で走るのとは全く違う高揚感があります。

今年のレースは2時間52分で完走。途中、ゼッケンが取れたり、足が痙攣してもげそうになったりしましたが、走り切った事が一番です。距離が長い分、いつもよりちょっと大きい満足感を感じております。



しかし、マラソンを走っていつも思うのは人の体って本当によくできているな…ということです。有酸素運動を続けると汗をかいて熱くなった身体を冷やそうとするし、気温が寒ければそれに合わせてなんとかしてくます。普段走らないくらい長い距離を走れば、関節が痛くなるけどストレッチやアイシングをすれば収まりますし。

今日は無理を聞いて頑張ってくれた自分の体に感謝して、今日はご褒美にお酒をたくさん飲みたいと思います。来年もこのサクラマラソンには是非参加したいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。