スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マネーボール」を観ました

野球はやったことがないけど松井が巨人にいた頃はG党だったし、野球観戦は大好きだったんです。野球映画も好きで「フィールドオブドリームス」や「メジャーリーグ」も興奮や感動しながら観ました。その上で今の自分にはこの「マネーボール」は響きます。超面白かった。

野球とは関係なく歳を重ねた漢というのはハードボイルドであるべきだと思うんです。自分の傷や想い、葛藤なんかを全部ぶっちゃけてしまっちゃ元も子もない。10あることを1つぐらいぽろっとこぼしてその言動や後ろ姿から、その想いを感じれるのが、大人の男だと思います。自分もそうありたいと思いますがなかなかうまくきまりません。

じぶんと同じく12歳の可愛らしい娘を持つブラッド・ピット演じるオークランド・アスレチックスのGMの葛藤は色んな面で共感せずにはいられません。敗者の美学というか、へこたれなさや信念、そういう処がこの映画を見終わった後のある種の爽快感なのかもしれない。

監督とGMのポジションの違いってよくわからなかったし、スポーツとマーケットを近い視点で描いた作品なのかという先入観を持ってましたが、しっかりとしたヒューマンドラマ。父と娘のストーリーという見方をする部分も個人的にあって、ちょっと感傷的にもなりました。

統計学をスポーツに持ち込んだヒューマンドラマという事で観たこの映画ですが、個人的には四十路男の自分との折り合いの付け方というテーマの方を強く感じました。勝利することが全てのスポーツの世界で、それが果たせなかった中での自分の筋を通す感じは日本映画っぽくもあるし、個人的にはすごく好みなのです。決してハッピーエンドではないけど、この感じは好きだしこういうビシッと筋の通った男で自分もありたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。