スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹氏がニューヨーカーにボストンマラソンのテロについて投稿されてました。

村上春樹氏がニューヨーカーにボストンマラソンのテロについて投稿されてました。

ニューヨーカーのボストンマラソンの記事

エッセイ「走ることについて語る時僕の語ること」でもボストンマラソンについて書いてました。

多くの市民ランナーにとってマラソンは競争ではなくて、短くない時間に孤独でさらに痛みと向き合いながら争うとしたら自分自身とである、というランナーからの視点で書かれた記事には強く共感します。

Then it starts to get a little painful, then it becomes seriously painful, and in the end it’s that pain that you start to enjoy. And part of the enjoyment is in sharing this tangled process with the runners around you.

長い距離を走るレースでは同じコースを走るランナーとは不思議な仲間意識というか共有感があると思います。フルマラソンは一度しか走ったことがないけどこの感覚はよくわかる。

Emotional scars may be similar. In a sense, the real pain begins only after some time has passed, after you’ve overcome the initial shock and things have begun to settle

ボストンマラソンの難所のハートブレイクヒル、そこは意外とすんなりと超えることは出来るが、そこを超えて平地に戻ってきたところで身体が悲鳴をあげる。今回のテロの件も、ボストンの人達が乗り越えなければならない苦しさやキツさはこれから…という事。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。