スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連による昆虫食の薦め

今日のレアジョブで国連による昆虫食の薦めの記事を読みました。地球を救うために昆虫を食べようということです。この記事の中で昆虫を食べるべき3つの理由が挙げられていました。①単純に昆虫は栄養価が高く健康に良いから②牛や羊などの家畜を飼うよりも環境に優しいから③insect farmingが世界の多くの貧困層にとってビジネスチャンスになる可能性があるから、という事でした。

United nation asks us to eat insects

こういう食べ物に対して我々が持つ抵抗感というのは、先入観が多くを占めてるのかな?とも思います。食用カエルはとり肉に近い味だと聞いたことがあるし、川海老と一分の昆虫も色が違うだけで近い部分があるのかもしれないなと。

授業の中で講師とは、イナゴの佃煮を食べれる我々にはそんなにハードル高くないっすよと話しました。たしかに芋虫系なんかはそのままではしんどいですが、加工して原型を留めてなければ栄養価も高いようだし健康にも良さそうですね。

極端な例としてフィリピンでは生活に苦しい人が野良犬やネズミを食べる事があると講師が言って驚きました。(裏はとってないので本当なのかはわかりません)

人口増加での食料問題ってのはこの先、直面しなければならない問題で、例えばGMフードと昆虫をどちらかを食べ続けなければならないとしたら、私は昆虫食を選びたいと思いますよ。

おそらく食品会社でその辺りの研究をしてる所はあるんでしょうね。イナゴの大発生なんかニュースで耳にする事が有るので、そういう昆虫が食糧として有効に使えれば理想的なんでしょうか。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。