スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「スティーブ・ジョブズ」の日本公開が決定したとの事でトレイラーを観て感じた事…

スティーブ・ジョブズの半生を描いた映画「JOBS」の日本での公開日が2013年11月1日に決定したそうです。

映画「スティーブ・ジョブズ」予告編

日本語字幕の入ったトレイラーも公開されいていました。そこでの各場面がどこの辺りのジョブズのエピソードなのかはファンはすぐに分かる感じがしました。面白そうではあるけど2時間ちょっとに全部を詰め込みは早足過ぎる気もするのと、少しばかり嫌な予感も…

俳優が一眼で誰か分かってしまっていて、作品がそっくりさんショーになってしまうのではないかという悪寒。各キャラの個性というのは俳優の演技で観ている人がイメージするもんだと思うんだけど、今も健在な人がいる中で演技で何かを醸し出すといよりも手っ取り早くその人に似させればいいんじゃない?て感じがしたんです。

ノンフィクションに近い娯楽作となると、ジョブズのどの時代に重点を置くのかのバランスが難しいそうですね。内容として深みがあって何度も観たいと思わせるようなものが出来ているのかどうか?期待と不安が入り混じります。

あと制作側がどうジョブズを描くのかというとこが重要。トレイラーを見ると、尖った素晴らしい才能を持つ若者が挫折を経て人間的に成長して(ry…というステレオタイプな感動ストーリーの感じが強い感じを受けました。それだけでは、多くの人を唸らせる映画を作り上げるには足りなくありませんか?と…

前に観た映画で言えばフォレストガンプみたいな感じになりそうな気がしました。いい話てんこ盛りなんですがで結局?のような印象を個人的にあの映画には持っていていまして当時、評価は高かったけど通しで映画を観たら強い何かが残るわけではなかったんですね。


大好きなジョブズの映画だけに、いずれにしても劇場には行かなければ!と思っていて、公開日がはっきりして地元のイオンシネマでも公開される事を強く願います。

そう言えば、フォレストガンプの作品でAppleが出てきた事を思いだしました。ババ・ガンプ社の利益を別の新興会社に投資したという報告をうけてガンプは何処かのフルーツの会社に投資したと勘違いしていて、実際は当時イケイケのコンピュータ企業であったAppleに投資していたという、ある意味フォレストガンプという人柄を象徴する場面が終盤にあったような気がしました。

振り返るには早い感じもするのですが、是非自分の目で観てどういう感じなのか判断したいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。