スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートウォッチについて考えた

サムソンが自称スマートウォッチ「ギャラクシーギア」を発表しました。カラフルなラバーバンドにはカメラが入っており、カラー液晶でLINEなどのアプリがプリインストールされているようです。

とても実用性?に溢れたスマホと機能が相当、ダブるガジェットだな…という印象を受けました。ラバーバンドにカメラを忍ばせたり(盗撮などに使われそう…)アプリをどんどん追加出来たり、写真をとっても保存は別のガジェットに!なんて事も出来そうですね。実機を見たわけではないので、はっきりとしたところは図りかねますがイラネェ…

記事や紹介動画を見る限り前に発売されたiPodナノ的なガジェットにスマホやタブレットとの通信機能を付けただけのように感じました。時計の形をしたコンピュータ系の機械ですね。こういうのってどうなんでしょうかね?仮称スマートウォッチを着用したからといってスマホは持ち歩くわけだし、機能がだぶるガジェットを持ち歩いて、スクリーンは腕時計程度の大きさ、しかもフル液晶パネル搭載なので、ほぼ毎日充電しなければいけないのは、時計として結構不便だと思うのですが。

時計のデザインとしてもラバーバンドってのは以前に出たiPodナノの付属品であって面白がって買ったもののスーツに合わせると時計が妙に浮くし、結局あまり使わなかった。

個人的に思うにスマートウォッチってのは着用出来るスマホなどのガジェットではなくて、違った使用感を提供するものだと思ってました。(多分、Appleもこういスマートウォッチを出すつもりは無いのでは?) いつもパクるというか、林檎社からインスピレーションを得た商品を多数、販売している某社はここはいっちょ、バシッと先に手を打とうぜ!って感じなのが墓穴を掘ってしまったかもしれない…いつもみたくアップルが出したものをパク(ry

多分、Appleはスマートウォッチを今までの延長線上の商品とは別に開発してるんじゃないかと思います。


先月、こんな記事を読みました。

「iWatch」はフィットネス機能搭載か
アップル、ナイキのスポーツ計測機器を担当した専門家を起用


リンク

引用(同社がその根拠として挙げているのが、体温、血圧、心拍数といった「バイタルデータ」を検知するセンサーがスマートウォッチの一部の機種に搭載されていること。

 昨今の健康志向の高まりや、在宅医療現場での導入などが普及を後押しするという。スマートウォッチは大手企業のこれまでの商品開発の動きを見ても市場に対する期待度は極めて高いと同社は分析している。



iWatchの勝手なイメージ…

着用している時間が長い腕時計だからこそ、脈拍や移動距離、もしくは日々の 睡眠や健康状態をチェックして、異変が有ったら忠告してくれたり、消費カロリーや運動量が日々の進捗として、iPhoneやiPadで可視化出来るようになってるであろう。しかもそれが頻繁な充電を必要としない、とてもかっこいいジョナサンアイブの洗練されたデザインの時計であるといいな。しかもその時計の販売方法は高級ブランドの販売方法を取り入れながら、ファッション商品として顧客に提供しようとしているのかと想像しているのですが。

ウェアブルデバイスとしてのインプットの部分と、iTunesやiPhotoなどに入っているコンテンツの持ち歩きの部分のさじ加減がとても気になってます。なにもカラー液晶パネルを付ける必要もないかもしれないし、前にiPodでのスクロールホイールのような新しい操作感や使い方を見せて欲しいなと思います。

ジョブスが亡くなってからの初めての新商品なので期待も大きくです。このギャラクシーみたいな時計だったらAppleならいつでもだせたと思うんですよ。Appleらしい身につけて嬉しくなるような時計をみたいですね。iWatchは世間をアットいわせてくれる事でしょう!9月10日の発表会の最後に「one more thing」って言って、予想の上を行くiWatchが発表されたら最高なのですが。

もし、このギャラクシーギアみたいな中途半端な商品が出るようならAppleは終了だと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。