スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のフジロック3日目から録画してたミッシェルガンエレファント

スカパーでやってた今年のフジロックの3日目のグリーンステージ特集をウィスキーを飲みながらまったりと見ています(録画)

マムフォード&サンズいいです。

しかし、キュア~♥️音が生き生きしてて素晴らしい。「ラブソング」もアデルのカバーよりも陰鬱なオリジナルの方がずっといい。

どうやらそのうちキュア~だけの特番がスカパーであるらしく一自宅テレビで時間半たっぷりライブ映像を楽しめそうです。その放送を楽しみにしてるのですが気になる情報が… フジロック関連の記事を読むと今年のフジロック3日目のthe cureはフェスであるにもかかわらず、3時間(確か38曲)を演ったらしいです。もし仮に今年のフジロックに行けてたとしましょう。3時間オーバー?それはいくらヘッドライナーでもやり過ぎである。でもそういうやり過ぎな彼らに好感をさらに持ったのは言うまでもない。

そしてその番組が終わって、同じく撮りためていたミッシェルガンエレファントの2000年3月のタワーレコードでのイベントでのライブをみています。音も悪ければ画像の荒いけど勢いが半端ない。ミッシェルは昔、新木場でスーパーカー、ジャガーそしてシャーラタンズの4組でのMTV絡みのイベントと、1998年の同じく新木場でのフジロック。そして1999年のロンドンでのライブハウス、ダブリンキャッスルだったかガレージかは思い出せないけどイギリスで現地のオーディエンスと一緒にモッシュしながら体験しました…凄く狭いところだった。どのライブもそれぞれ良かった。

しかし、彼らはストイックなくらい代表曲というかヒット曲を演奏しない。多分、その当時にできた曲が一番勢いがあっていい曲なんだってことなんでしょう。千葉はミッシェルからロッソ(元ブランキージェットシティの照井とのバンド)とバンドをかわっていろいろ経ての今はthe birthdy で現役バリバリでやっている。それぞれのキャリアでの名曲を聴きたいファンは多いと思うけどそんなことは関係なくひたすら新しいバンドでの新しい曲を演奏し続ける。

なぜ「世界の終わり」「get up Lucy」「Birdman」「ダニーゴー」を演らないのか?多分、それはそれは前の曲だから…出来たばかりの新しい曲達が1番良いのでしょう。

東北の春のロックフェス、アラバキロックフェスティバルほぼ毎年、千葉の率いるバースデーを見ておりますが、かっこいい。不良だし、ぶっきらぼうで音楽で飯が食えなければ983的な感じで生きてけなければ、厳しそうな社会的適合性のない感じ。そこがいいんんですねえ。

自分が10代の頃は、大人になったらこういう柄の悪い音楽は聞かなくなるのではないかと、ぼんやりと思ってましたが40過ぎても嗜好はかわりません。でもそれは自分が大好きなミュージシャンがコンスタントに作品をリリースして、それが自分の心を鷲掴みにしてはなさないからじゃないかとも思う。多分、10年後も同じような事を思ってるんだろうし、あわよくば老人に近いながらもアラバキなどのフェスで自分の好きな音楽に触れれていることが出来るんであれば、最高だと思います。だぶん、そうなってると思う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。