スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予約していたSONYのデジタルスチルカメラ、DSC-QX10が到着しました。

予約していたSONYのデジタルスチルカメラ、DSC-QX10が到着しました。



2タイプを比較して光学ズームの倍率が高いのと、実際どこまで使えるのか確信がなかったのて、下位モデルを購入することにしました。

光学ズーム10倍の性能は申し分ありませんでしたし、取り付け、アプリの起動なども思ったほどストレスありませんでした。持ち運びや使い勝手は思ったよりもいいと感じてます。当たりだったかな、と思ってます。



アプリを起動する前に、設定アプリでレンズカメラのWi-Fiに設定しておかなければならなくて最初の一枚を撮り始めるまでに30秒位かかってしまいますね。思ったよりも手間には感じませんでした。おそらく新鮮さからだとは思いますが…

それでも、最初の同期が済めば快適です。それでもアプリのアップデートで最初の同期の煩わしさが無くなれば最高ですね。

一旦、スマホとレンズを同期すればレンズを片手でいろんなとこに当てて別の手でiPhoneのディスプレイからシャッターを押したりも出来ます。ズームもいい感じです。





レンズカメラ自体がとても軽くて持ち歩きに適してると思います。レンズだけならジーンズのポケットに入れても気にならないくらいです。

室内で試し撮りしたところ、とても使いやすくて光学ズームも良かったです。iOSにも提供したソニーのplay memories というアプリも直感的で使いやすいです。明日から早速持ち歩いて使って見たいと思います。第一印象としては予想どうりの面白いカメラだなと思いました。

iPhoneに取付ける仕掛けが面白くて、子供の頃に超合金のロボットのオモチャを合体させる感じを思い出しました。

数日間、使ってみて思ったのはこれはもしかしてiPodが携帯音楽プレーヤーを変えてしまったような感じで、デジタルカメラの在り方を変えるかもしれないカメラだと思いました。実際、iPhone5以上であればスマートフォンでも低価格のコンデジ以上の写真は撮れるし様々なアプリがいろんな使い方を提供してます。フィルターも豊富だし、後加工でぼかしを入れたりコラージュ的なものも簡単に作れます。しかしiPhoneのカメラの性能がいくら上がっても光学ズームを付け加えようとすれば本体の小型化に影響するだろうし、やはりガジェットは小さくて軽くて薄い方がいいんです。あくまでもスマホにカメラが付いてる感じが拭えないんですね。でもこれを付けるとカメラになる感じがします。片手間にとりあえず撮っときました、って感じじゃなくてちょっと気を入れて写真を撮る感じになります。そういう、上手く説明出来ないけど気持ちも部分も大きいと思います。

今までオモチャのようなアクセサリーレンズは出てましたが、あくまでも補助的なものに過ぎず、使ってしばらくして飽きてくると使わなくなってしまいます。

このレンズカメラは本体とWi-Fi接続のため工夫次第でいろんな使い方が出来ます。アプリはiPadにも対応してるのでiPadとシンクさせてレンズを三脚で固定して少し離れたところから大きめの画面でモニタリングしながら写真を取れたりしますし、モニターなしで電源を入れて、フィルムカメラの感覚で写真を撮ることも出来るのではないかと思いました。使い方によっては法に触れるような使用方法もあるかもしれないので、その辺りは当然ながら一線を超えないようにしなければいけません。

最近のSONYはこのレンズカメラもそうですが、音楽動画アップ専用のムービーをリリースしたり、ニッチながらも面白い製品を出してきてます。使ってて、嬉しくなるようなガジェットやカメラ、電化製品が日本発の企業から発売されるのは嬉しいです。

来年から少額非課税証券口座、NISAが始まりますが仮に5月位にマーケットクラッシュがあるとしたらSONYってのは一つの選択肢なんじゃないかとすら思います。こんなことは去年には感じられませんでした。これからも予約しても買いたくなるような面白い製品を出してほしいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。