スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マグマ~小説 国際エネルギー戦争」真山仁氏著を読みました

たまたま図書館でかりてきた「マグマ~小説 国際エネルギー戦争」真山仁氏著を読みました。とても面白く、また情報量が多くてビジネス小説としてだけでなく、買収(ハゲタカ)ファンドで活躍する女性のサクセスストーリーとしても読めるし、原発から地熱発電に転身した技術者の夫婦愛の話としても感動的に読めてとても引き込まれました。

震災以前の2006年に出発されたこの本ですが、仮にフィクションのこのストーリーのように現実でも原発の諸問題に取り組んだ上で、スケール感のある再生可能エネルギーが活用される社会に舵を切ってたら今の日本の現状もまた違うものになってたんだろうなと思ってしまいます。(思ってもしょうがないけど…)

最近は小泉元総理の脱原発ムーブメントがたまたま耳に入ってきますが、現実問題として、個人的には直ちに全廃することがいいとも思わないのですし、やるかやらないか!という極論に走るよりもこの小説で語られるフィクションの方が現実味があるんじゃと思わせるところはあります。自分が単純だからという部分はありますが。

この小説の著者の真山仁氏はNHKで全6回でドラマ化された大名作「ハゲタカ」の原作の著書でもあります。人生で大切な事の多くはハゲタカで学んだ!と思う時もある私、ドラマは通しで5回以上見直しましたが原作はまだ読んでおりませんでした。というか真山氏の小説を読むのもこれが初めてでもっと早くに読んでおくべきだったと思っております。この小説にはファンドマネージャー鷲津は出てきませんが、魅力的で綺麗な野上妙子さんが奮闘します。テンポ良く話は進みあっという間に読み終えました。最後には話が終わるのが名残惜しい感じさえしました。近いうちに真山氏の別の本を読んでみたいと思います。



スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。