スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手帳愛に溢れた「能率手帳の流儀」日本能率協会マネジメントセンター代表取締役会長野口晴己氏著を読みました。

今日から12月です。

先週から手帳を一新する事にしました。能率手帳からNOLTYというシリーズの週間バーチカルの手帳が出てるのを日経アソシエの手帳特集号で知りました。当初は今使ってるトラベラーズノートのリフィルとして使えるかな?と思いネットで購入しました。

しかし到着して早速トラベラーズノートに挟んでみると1cmちょっとはみ出してしまいます。どうも収まりが悪いんです。でも手帳としてみると、とても良くできてるし紙質も良い。

ここ数年は週間バーチカルで予定を管理してまして、今のトラベラーズよりも細かく書き込めるのですが、1年を2冊で管理する形です。またフリーのレフィルをいっぱいになったら取り替えられるのはいいんだけど、前の事を振り返ろうとすると何処に書いたのかわからなくなります。1年を通して振り返れるというのはそういう意味では便利かもしれないと思いました。

結局、来年度メイン手帳はトラベラーズから変えてみてもいいかもしれないなと思って、逆にNOLTYの背表紙にトラベラーズのレフィルを挟んで足りないノート部分を補うことにして使ってみることにしたのです。

そんなところで読んだ本とは関係のない事をつらつらと書きましたがそんな能率手帳にシフトしたところで図書館に行ってこの本「能率手帳の流儀」を見つけたわけです。

冒頭から手帳とは書く事と振り返る事と書いてあります。その振り返る事が自分はあまり出来ていなくて、書き殴って終わりでした。この本に書いてあるように手帳を上手く使えるようになるのは手帳を好きになることで、とにかく何かしら書き込んで見直す事の習慣化が大切であるということです。それには共感しました。

書かなければ多くのことは忘れられてしまうし、人は自分の事が1番見えなかったりするようです。手帳に行動や思った事を書き続けると、自分の行動パターンや考え方が見えてくる事があり、そこから気付きがあるのではないかとこの本では言ってます。また、やりたい事を手帳に書き出しておくと、以外と早くそれが現実化することがあるとも指摘されてます。自分専用の宝地図みたいなものかもしれません。


週間、月刊での時間の流れが俯瞰出来るのが手帳のいいところです。今日を振り返れば明日がよくなる、ということで今まではスケジュール管理としか使ってなかった手帳ですが、今月からは出来るだけ書き込んで振り返りたいなと思いました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。