スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら「ライフオブパイ」を観ました。

WOWOWでやってた「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を録画して観ました。シチュエーションコントのような設定に、絶望的すぎるゆえに涙目になる以外ドラマチックな展開を期待できるのか?と思いながら観ましたが、圧倒的な映像美とは別に、ドラマとしてもとても見応えのある作品だと思いました。

冒頭のパイの名前、本名のピシン・モリトール・パテルの呼び名が何故、パイになったのか?という所は直接ドラマとは関係ないけど、主人公のキャラクターを深く描くにはとても良い入り方でした。

常に生命の危機に晒されてたからこそ、200日以上にも及ぶ漂流を生き延びる事が出来たと言うところにも、見ていてとてもリアリティがありました。トラと気持ちを通じさせる、もしくは友情ドラマ的な事はほぼ無くてそこも良かったです。そんな事になったら興醒めですわ。ベンガルタイガーは振り向かない的な感じです。

しかし観て1番思ったことはこれは劇場で観るべきだったと…3Dで観たらもっと圧倒的だったんだろうな、と思いました。でも近場のシネコンでは3Dになるとほぼ吹き替え上映になるので、それは嫌なんですよね。3Dの字幕で上映されることがこれからあるとしたら観直したいです。

終盤にパイから語られる2つの話が比喩に富んでいるように思いました。どう受け取るかはみる人次第なんだろうけど、宗教観や神についてまた食べることについても考える余地が結構あって何度か観るとまた感じ方が変わるかもしれません。見終わってから考えてみると気になる部分が結構あってそういうのも楽しいです。

あと主題歌のコールドプレイの「パラダイス」は予告編でしか使われてないようで作中では流れませんでした。こういうことたまにありますね。「ソーシャルネットワーク」の合唱版クリープもそんな感じだったなと。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。