スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の日経朝刊のスマホ関連の記事二本を読んで

今朝の日経の朝刊で読んだスマホの記事二本はコモディティ化が激しいアジア市場の世代交代を思わせる記事でした。





出荷量が一千万台にも及ぶインドのマイクロマックスや中国で圧倒的に支持されるシャオミなどの勢いに対して、新興国対策が上手くいかなかった上に既存のマーケットでもアップル、寒損にシェアを奪われて赤字転落したHTC。

マイクロマックスの70ドルスマホ「ボルトA62」は機能を絞り込んだり旬を過ぎた部品を使っての圧倒的な安値設定で人口増加著しいアジアで人気だそうです。

アジアのスマホの価格帯は17年には210ドルまで下がるということですが、この辺りの価格帯では日本メーカーは利益が出そうにないし、まともに競っても消耗するだけのような気がしました。

中国のスマホメーカーはクアルコムなどのLSI大手が作った設計図を元にパーツを調達するのでTDKは、設計図で部品指定されるための営業活動を強化してると日経ビジネスにありました。日本企業はサプライヤーとして、スケールメリットを追うのがこれからスマホ市場に関わる1番、安全なのかもしれません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。