スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームオブスローンズのジョン・スノウの初体験について語る時に僕が語るべき事

ゲームオブスローンズでのジョン・スノウの初体験の感想が語られる第4シーズンの9話を観直してます。

「自分とは別の人間がいてお互い包み込む感じだ。すると…少しだけ…自分以上になった気がする。」

この後、俺は詩人じゃないってジョンは言うけど、充分すぎるほど詩人だと思いました。この回は全編を通してキャッスルブラックの戦闘シーンが描かれます。それぞれの覚悟と想いが交差する素晴らしい話で、このシーズンのある意味クライマックスでした。イグリットがジョンによく言うセリフ、you know nothing, John Snow.ってのが歳上の彼女が彼を子供扱いしてる風な感じがして好きでしたが、この回に言われるそのセリフがとても哀しく感じられました。

このドラマは全編を通して本当に最高だけど、観直して特に思うのが、各キャラクター同士のやりとりから浮かび上がる話の奥行きです。1度観ただけでは気付けない意味合いに気づくことがよくあります。昨晩観直した第4シーズンの8話のラニスター兄弟の会話からの決闘裁判の流れを観直して衝撃の結末から見落とてたけど、それの直前の兄弟の会話に出てくる親戚の気の毒な子供の話が、この話にとても深い奥行きを与えてると思いました。

先日、Kindleでゲームオブスローンズの原作の英語版のセットを購入しました。まだあんまりというか全体の1%しか読み進んでいません。自分の読解力とボキャブラリーの足りなさからくる、あまりのページの進まなさぶりに、全部飛ばして第4シーズンの最後の話の続きからでも今すぐ読みたい感じです。

原作はそれぞれ主要キャラの視点から物語が語られる感じで、今迄じっくり (2回ずつ第三シーズンまでは見直しました) 観てるので、英文でも入りやすいです。第5シーズンの撮影に入ったって記事を読んでそれを観れるのが楽しみですが、来年末ぐらいになりそうで結構先になりそうです。それまでに時間を作って原作もじっくりと読みたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。