スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走る事と壁

最近ランニングの距離とタイムが伸びません。やはり暑さとスタミナ不足からか最近はランナーズハイにはほど遠い、苦しいランになってます。コレはきっと自分のカラダが無理をしすぎないように潜在意識的なものがブレーキをかけてるんじゃないかと思うんですが、それに素直に従ってはトレーニングになりません。

こんな暑い中でも健脚ランナーが結構走ってて、ビュンビュン追い抜かれる事があり、彼等と自分は何が違うのか考えさせられます。ランニングフォームや経験など色々違うのは勿論なんですが、今日思ったのがもしかして彼等とは潜在能力のリミッターの外れ方が違うんじゃないかという仮説にたどり着きました。

人間は持てる力の100%を使うと死んでしまうという話を聞いた事があります。そのために最大の力を出しても30%位で(漫画で読んだのかな?)一杯一杯であると。それでもきっとトップアスリートは40%近い位まで、リミッター外せてるんだとしたら自分もそのカラダのかけてるブレーキに素直に従わない方がいいのかなと思いました。

去年、あまり知識もないまま無理して走り込んで尿道結石やって悶絶した経験もあり、自分のカラダと上手く付き合っていく事はとても大事である事は認識してます。がしかし、もっと早く走りたいと思うんであれば意識的に自分の限界に近づくようなトレーニングも必要なのかもしれません。コップの角度を変えないと流れ出す水の量は変わらないですからね。

もう約二ヶ月で初めてのフルマラソン挑戦になります。マラソンというのは自分と向き合えるスポーツであると、ビギナーながらにして思います。ランナーズハイに入ってからの数キロのランは素晴らしい体験になるでしょうし、最後の10Kは相当厳しいものになるでしょう。それでも出来るだけいいコンディションで挑めるよう、自分の限界値を上げていければと思うのです。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。