スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookの面白い記事を読みました

今週の日経ビジネスの特集「Facebookが描く未来」が面白かったです。八億人ユーザーを突破した同社はもはやGoogleと並ぶ情報インフラ。ソーシャルデザイン化という考えで情報中心から人間中心の価値を持ち込んで音楽、映画、ゲーム、写真など我々の生活を彩るモノを変えようとしているという内容でした。


今回の記事の中で、特に面白かったのがNO.2であるシェリル・サンドバーグCCOのインタビュー。「集合知」から「友人知」へ。 以下、引用P61より


人は元来、自然に状況を受け入れながら暮らしているからです。街角やオフィスで友達を見かけたら、何か特別な質問を投げかけるのでなく「元気?」と聞くでしょう。これと同じ事で、人が何か特定の事を探し出そうとする時間はほんの一部です。実際は周囲の人々と自然にコミュニケーションする事にほとんどの時間を費やしてます。

Facebookの利用は、現実の世界で周囲と反応し合う事と同じです。意識的にやるものではないのです。




ちょっと前に、アメリカのユーザーのネット滞在時間でFacebookがGoogleを抜いて、一位になったという記事を読んだ記憶があります。


現実はおそらく彼らのシナリオに近いカタチで進んでいるんでしょう。Google+など新しいSNSがはじまっても彼らは矢継ぎ早に新サービスを開始しますしね。それらを享受できるのはユーザーとしてありがたいんですが。


日常にまで、浸透してくるネットのソーシャル化というのは、もしかして今まで以上に我々に、情報格差を産むのかもしれないと思いました。だって、友人知ですよ。Facebookの友達が発信する情報によって受け取る情報も変わるわけですから、どういう人達と繋がっているかがとても重要になるという事ですよね。


とにかく、これから世界はもっと狭くなることでしょう。検索サイトでは伝わらないオキュパイ何某的な事も、この国では表面だけを取って伝わるわけですからね。(私見)


いよいよ、収益モデルをコンテンツと広告で広げてくるFacebook。自分の日常にしっかりとっぷり食い込んでるだけに、どの様な方向に行くのかとても気になります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。