スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さかった頃の娘の言葉と英語と『アイの言葉のコップ』という絵本

昔、娘が小さくて満足に話せなかった頃、私がちょっと意地悪をすると、「もえちゃん、パパのコトだいすきじゃない!」って泣きながら言ってました。よく思い出します。

マンマだけで済まなくなって、いろんな言葉を覚え始めた頃で自分なりに使おうとしてた時期だったと思います。「好き」という言葉は使えても「嫌い」という言葉は知らなかったですね。それでも自分の感情を相手に伝えるための「だいすきじゃない!」だったんです。可愛らしいというか、一生懸命さが伝わってくる。まあ、親バカなんですが。

これって、英語での会話でも当てはまるかなと思いました。英語で話している時に、これって英語でなんて言ったっけ?なんて日本語からの変換的に考えだすともう頭が動かなくなってきます。うーん…としかでてこない。話し始めの子供のように自分が使える言葉のみを組み合わせて、話した方がスムーズですね。それが多少、幼稚だったとしても。 大体、相手に何かを話しかけて数分答えが返ってこなかったら「もういいや!」ってなりますよね。会話はキャッチボールだっていうので、ちょっとコントロール悪くても相手が上手く取ってくれるかもしれません。

人格を分ける位のイメージで日本語と切り離した方が、いいんじゃないかと思います。日本語➡英語のような変換イメージだと、すぐにつっかえてしまうんですよ。もちろん、伝わらなさや歯痒さはありますが会話というのは相手があるコトですからね。

英語でコミュニケーションを取ってる状況を、日本語に置き換えて考え直すというのはよくないと思うんです。その場の空気もありますし、話されてる言葉の意味はその状況にしかない訳ですからね。よく『この英語の文章を日本語に訳しなさい』なんて言う、よく見たような試験問題はたちが悪いって思うんですね。『この英語の文章に対して、英語で答えなさい』ならいいんでしょうが。英語に対しての知識を増やしても、実際は使えるようにはならないし、かえって妨げになる場合も多いんじゃないでしょうか。

今や、変に小難しい事まで言うようになった娘がですが、彼女の日本語力の成長の進捗率と私の英語力のそれとは大きな開きがあります。英語でのコミュニケーションでは伝えきれない歯痒さはいつもついてまわります。

ずいぶん前にに読んだ「アイの魔法のコップ」という素晴らしい絵本があります。言葉がなかなか出てこない子供と母の話です。うさぎの女の子・アイは、耳が聞こえにくい子が通う幼稚園に行きます。いつまでも言葉がでないことを心配するお母さんが、先生から「口の ひろい コップは、みずを いれると すぐに いっぱいに なるでしょう。でも聞こえにくい アイちゃんは、コップの口が せまいので、いっぱいに なるまでに じかんが かかるんですよ。あせらないで、ことばの シャワーをいっぱい あびせてくださいね」と言われます。この絵本は、娘が小さい時に読み聞かせをして、読んでる最中に言葉に詰まってしまいました。ウチの娘も言葉が出てくるのが遅くて、他の子と比べてとても気になった記憶がありました。この絵本の優しい語り口はとても、心がホカホカしました。

ところで、幸いウチの娘の言葉のコップは口が若干狭かったながらも、容量はたっぷりあったようで、最近は減らず口を叩くようになってしまいました。それに比べ、自分の英語サイドの言葉のコップは容量がずいぶんあるようで、なかなか溢れてくれません。

$MAMEJI
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。