スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂の業績が大変だ

任天堂の12年3月期は純損益200億円の赤字見通し - 不景気.com より|

ゲーム, 下方修正, 赤字,携帯ゲーム機「3DS」、「DS」用のソフト販売が想定を下回って推移しているため。同社の通期業績下方修正は今期に入ってから2回目となる。

2012年3月期通期連結業績予想:任天堂

売上高 営業損益 純損益
前回予想 9000億円 350億円 200億円
今回予想 7900億円 10億円 △200億円
前期実績 1兆143億4500万円 1710億7600万円 776億2100万円

ニンテンドー3DS用をはじめとするソフトウェアの販売低迷に加え、想定を上回る円高が利益を圧迫していることから、売上高は前回予想を大幅に下方修正するほか、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。


悪い流れになってると思います。任天堂厳しいですね。ユーザーが従来のゲームに費やする時間よりSNSであったり、オンラインゲームにかける時間多くなってくるということですね。ユーザーの時間獲得競争的な意味合いもあるとしたら、今の任天堂のビジネスモデルは厳しくなってるといわざるをえないですね。

家にあるwiiのDSも今は誰も使わなくなってしまった。

「年末年始のタイトルは充実している」と有力ソフトを発表するようですが今それがどれだけユーザーに響くのかわかりませんね。これらの新作ソフトがハードの販売底上げになるのでしょうか?スマートフォンやガラケーから出来るSNSゲームが、貸金法がかわってお金が借りられなくなった主婦のパチンコに替わる娯楽になっているという話も聞きます。頑張ってユーザーを驚かせるようなことをやって欲しいですね。


これはロイターより
 任天堂(7974.OS: 株価, ニュース, レポート)は27日、2012年3月期の連結営業利益予想を前年比99.4%減の10億円に下方修正すると発表した。

 8月に販売価格を1万円値下げした3DSについて、通期のハード販売計画は1600万台と従来計画を据え置いたが、ソフト販売計画は5000万本(従来は7000万本)に引き下げた。また、「DS」の通期ハード販売計画も、従来の900万台から600万台に下方修正した。



http://www.fukeiki.com/2011/10/nintendo-loss.html
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

ta-san93 : 2011/10/27 (木) 21:52:58


ソーシャルゲーの流行が原因と解釈するのは単純すぎると思うなー。
携帯電話でのゲームは10年前から伸び続けてるけど、ゲーム業界はハード移行期の度に低迷してきたし、任天堂のピークである08年でさえソーシャルゲー含むネトゲ市場は右肩上がりだっただけにね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。