スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーフで酒田市から仙台まで行きます。行編

これから電気自動車で往復約400Kの旅行に家族で出かけます。スタート時点のフル充電の状態での走行可能距離は152Kと出ています。新庄にある日産のディーラーまでどれ位の感じでのドライブになりますかね。



新庄のディーラーに到着して、走行距離などをチェックします。実際に走行したのは62Kでしたが、走行可能距離は80Kちょっと減っていました。(ECOモードと通常モードでの違いがあるので単純な引き算ではないのです。)ちょっと厳しい感じはしますね。



新庄店で充電してもらっている間、店長さんにお話を伺えました。新庄市で10人のユーザーさんがいるようですね。今、急速充電器があるのは山形では鶴岡市と新庄市、東根市と山形市のディーラーと県庁、そして米沢市の六台しか無いとのことです。しかし、これから長井市と南陽市、寒河江市、尾花沢市のディーラーにも今期中に設置される事が決まっているそうです。充電器が増えるともっと動きやすくなりますね。

およそ30分で充電完了しました。




各ディーラーに聞いてもリーフでの関山峠を越えたユーザーの話は聞いた事がないとの事。ちょっとドキドキしますね。

思ってみたら、購入してから普通の道路を長距離ドライブするのははじめてです。90K前後のスピードでも、そんなに速く感じず快適です。よく出来たクルマですよ。


そしておよそ40分のドライブののち、東根市のディーラーに到着。実際走ったのが43K。走行可能距離は66K減っていました。酒田から東根市まで直接くる事はギリギリ出来そうな感じです。ECOモードでエアコン切って運転ですね。

ここではフル充電してもらいます。


充電完了、これから峠越えです。

もうすぐ作並温泉近辺にさしかかりますが、走行可能距離は66kまで減りましたが、下りに入ったらカイセイが効いて途中、走行可能距離が120kまで戻りました。実際走ってみると関山峠は、問題なしですね。積雪がなかったのもラッキーだったと思います。越えてみたら、前に仁賀保高原を越えた時の方がよっぽど厳しかった感じがします。

峠を越えて気も楽になりました。酒田市から仙台までは二箇所の充電を挟んで十分いけますね。ただし、途中の充電時間を入れると5時間はみておいた方がいいですね。でもリーフユーザーはディーラーで充電出来るので費用的にタダで仙台まで往復できるのは懐には有難いですね。ディーラーで珈琲をご馳走になり、トイレを借りてそして情報交換も出来ました。有意義だったという事にしておきましょう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。