スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイの代理母が引き取られなかったダウン症の男の子の母親になった話を読んで

タイでの代理母出産の記事を読んでいろいろと考えさせられました。子供を授かる事の出来ないカップルにとって代理母という選択肢は自分の血筋を残すために有効ではあります。しかしいろんな可能性を熟考した上で、覚悟を決めて進めないと悲劇的な経過をたどることになってしまう事もあるようです。

オーストラリアカップルはタイでの代理母出産を決意します。このカップルは匿名のため実際どういう背景から、代理母出産を選んだのかはわかりません。



Surrogate mother vows to care for abandoned Down's baby http://t.co/D6icDdKp5x


Australian couple abandon surrogate Down's Syndrome baby



妊娠4ヶ月に子供がダウン症である事がわかった代理母が、依頼したオーストラリアカップルにそれを伝えると、おろしてくれと言われたそうです。しかし仏教の教えに背くからそれは出来ないと代理母は依頼主に伝えて、自身の判断で出産して双子が産まれました。健康な女の子とダウン症の男の子。男の子は心臓に障害があり手術が必要だけど、代理母にはその手術が出来るだけとお金がありませんでした。

オーストラリアカップルは健康な女の子だけを引き取り、男の子は代理母の元に残されるという、後味の悪い形で去ってしまいます。

そこでタイの新聞がこの話を取り上げ寄付を募り3400人以上が協力して目標額を11日間で集めたそうです。しかしこの件が拡がるに連れ依頼したオーストラリアカップルに批判が集まってます。

タイでの代理母出産は合法なものの、金銭的報酬を伴わないものとするという事なのでこの件は違法になります。このような形で捨てられることになったダウン症の子を代理母が育てる事になりました。この子の将来について「賢くなんなくてもいいから、ただいい人になって欲しい」という代理母のコメントに皮肉的なニュアンスを感じてしまいます。



LCCでの航空券の予約について思ったこと。結局、条件的なコストの積み上げで安くはなくねぇ?

今年の年末年始に家族でフィリピンのマニラとダバオに行くことにして先月には、庄内ーマニラ(羽田経由)はANAの超早割で格安に予約しました。マニラーダバオ間はセブパシフィックライナーというローコストキャリアで昨日キャンペーンをやってるのを知って、そのキャンペーンを使って片道は1ペソで予約しました。(帰りはキャンペーン無しで1人2000フィリピンペソ 1ペソ=2.5円なので基本料金は5000円位…)

ローコストキャリアのキャンペーンでマニラ-ダバオ間の片道を1ペソで予約しても20kの荷物を持ち込むのに各自600ペソとかネット予約料金で720ペソとか保険で975ペソとか席の予約で780ペソ(以後、省略…税金や色々で結構課金…)で最終的には家族3人で往復36000円位になりました。フィリピンペソのレートが最近強めなのも、影響してる気がしますね。キャンペーンを利用しなければ5万オーバーになりそうだったので結果的によしとしようかと思います。でもこういう経験もめんどくさいけど面白いかなとやりながら思いましたよ。

今回のセブパシフィックライナーのキャンペーンはレアジョブの講師にスカイプ経由で昨晩知らせてもらって慌てて予約しました。昨晩は、酔っ払ってたので今朝になって予約する日にちを間違えたんじゃないかと青くなったけど、確認したらきちんと予約が取れててよかってです。


パッケージツアーってのは好きでなくて、自分の痒いところに手が届くような旅行をしたければ、手間がかかるけどその過程も旅行の一つかな思いながらやってます。団体行動なんかいい大人になってからしたくもないし、せっかくの休日は自分達の好きなように過ごしたい。


ローコストキャリアのキャンペーンを上手く利用すると凄く手頃に海外に行けそうな気がするけど、欠航のリスクや追加料金の負担が意外と大きくて結果的にそんなに安くならないケースがあるのかと思いました。イメージ先行でLCCのリスクもあるから日程的に余裕ごあるなら気楽に使うのもいいんだろうけど、カチッと日程を進めたいんならナショナルキャリアの方がサービスぎいいし安心出来るかもとも思いました。

庄内ーマニラ(羽田経由)のANA便を予約してからLCCのタイガーエアの成田ーマニラ間100円のキャンペーンを見つけたけど、庄内から成田まで行くことやLCC特有のリスクを考えたらANAで庄内を朝7時に立って昼の3時にマニラに着けるというのは多少高くても疲れや利便性を考えたら手頃なのかとも思いました。

ホテルも手頃な処を日々探したり、レアジョブ講師の情報に頼りながら家族旅行の段取りを進めています。既に何人かとは家族ぐるみで会う約束もしてて、日々の会話にも熱がこもります。楽しみだな。


ろくでなし子さんの件で思ったこと

ろくでなし子さんの3Dプリンタデータのニュースを聞いた今日の仕事帰りに村上市、笹川流れの某集落にある子作り祈願的な男性器のオブジェを改めて見て写真をアップしようかと思ったものの逮捕されたくないから自粛しました。

そういう男根像って日本全国の集落に結構あるんじゃないかと思うんだけど、それに比べたらろくでなし子さんの作品はオプラードに包まれてると思うんですが、どうなんでしょうかね。


しかし逮捕されたのは本当に気の毒だけど、これだけ海外のメディア取り上げられたのは良かったんじゃないかなとも思います。多くの人の目に作品が触れるきっかけになったようですし。

アメリカの学生がドイツの女性器オブジェに挟まって抜けなくなって消防に救助された件と対で伝える記事もあったりしてタイミングも良かったのと、そんなオブジェが有ったのか!と国によっての芸術に対する見方考え方の違いを考えさせられました。

この件があって初めてろくでなし子さんのことを知り、作品をネットでみましたが、体の一部だけを素材として作品を作ると、猥褻さが見事に消えて斬新な気がしました。


ろくでなし子さんの作品はモダンアートなのかと言われれば個人的には違うような気がします。昔、テートモダンに行ってモダンアート作品に囲まれてその作品群の何が分からないのかすら分からない状態に比べると作品がキャッチー過ぎる気がするんですよね。

ドッペルゲンガー


夕方、ランニングしてるとたまに高校生に「お疲れ様でーす」って挨拶されることがあります。それは通りすがりの人に挨拶をするような距離感のある余所余所しい感じではなくて、ちょっと敬意が入ったような、してもらって気持ちのいいような挨拶です。

挨拶してもらう度に、できるだけ自然に「おー、お疲れ様!」みたいに挨拶を返してはいるのですが、いつも頭にハテナマークが浮かびます。この学生達は一体、誰に挨拶してると思っているんだろうか?と思うのです。

先日は、娘が低学年の時に同じ登校班だった女子高生とランニング中にすれ違いました。久しぶりに見て大きくそして綺麗になったな…と。目が合うとニコッと微笑んで「お疲れ様です」と言ってくれました。その時は、あぁ俺の顔を覚えててくれたんだと嬉しくなりましたが、ちょっと違和感も感じました。

あの女子高生は、本当に私のことを「昔、小学校に一緒に通った低学年の女の子の父親」と認識してたのかよくわからなかったのです。



そして先日、ランニングしていたら今度は知らないおっさんに声をかけられてしまいました。海岸沿いから日和山公園方面に向かう道路を走っていたら車が寄ってきて止まったのです。

「お疲れ様です。ここまで走ってきてるんですか?」

中から中年男性が親しげに話しかけてきました。知り合いかと思ってた愛想良く挨拶をしたものの、顔に見覚えはありません。

「あぁ、梅木ですよ。何キロぐらいはしってるんですか?」

梅木さん、俺、あんたのこと知らない…と思いながら勢いにおされて5キロぐらいです、と応えました。

「(一瞬、怪訝な表現) 私も最近ウォーキングを始めたんですよ (自分の腹回りを撫でる)」

あなたは誰に話してるんですか?と聞こうと思いながらついつい、そうですか…という相槌をうってしまい。

「それじゃ、お疲れ様です」(車は走り去る。)



[お前が話してる俺は一体誰なんだーーー]

私のドッペルゲンガーって言うかそっくりさんは、やはり近くにいるっぽいです。光ヶ丘界隈まで走ってくるにはちょっと驚くほど遠いところに住んでて、梅木氏の友人に似てて高校生にたまに挨拶をされる私のそっくりさん。次こそは、その正体を突き止めたい!

She passed my examnation…英語教室での凄く素敵な表現について

週一で地元にある英語教室に通っています。幅広い年齢層の生徒がいるクラスで私(43歳)よりも一回り以上の先輩もいれば、30代の生徒もいます。授業の内容はネイティブの講師が時事ネタをピックアップしてそれに対して比較的自由に英語で話していく感じです。スタートはwhat's new with you? って事で身の回りにあったことや気になったニュースについてメンバーそれぞれが少しずつ話していきます。

先週、先輩のMさんがちょっと遅れて教室に来ました。東京に住む息子さんが彼女を連れて帰って来てて、2人が同棲というか一緒に住むことになるにあたってそれぞれの家族に挨拶にまわってるようで、その日は一緒に昼飯食べてたら教室に来るのが遅くなったって言ってました。そのことが満更でもない感じで話してました。

そして今週のwhat's new with you? … 各自がそれぞれの近況を話しながらMさんの番。先週の話の続きで息子さんとその彼女は先週の土曜日に一泊していったようでした。高校まで野球をやってたという息子さんが沢山写った、家族の分厚いアルバムを引っ張り出して、じっくりと見ている彼女。


She watched that album slowly and carefully. And she passed my examination.

(彼女はそのアルバムをゆっくりと、じっくりと見てた。そして彼女は私の試験に合格した…)

すごく素敵な表現で、聞いてて心が動きました。日本語に訳すと上手く伝わらないかもしれませんが、息子が若かった頃の姿をじっくりとみる彼女の姿が見えるようでした。人柄ってのは細部に宿るし、ちょっとしたことで多くのことがわかることがあります。アルバムを見る視線に若い2人の繋がりの深さを感じとったのかな?と勝手に推測して、感動しました。


話を聞いてて、まるで上質な短編小説を読んでるような感じを受けました。英語での表現は日本語での表現とは違うし、比喩や言い方によって伝わり方がかわってきます。英語でのこういう文章ってのはいいな…と思いました。


そのことについて色々話しながら、そのあと講師が私に…

Your daughter will bring someone to you near future.
(娘さんも近いうちに誰か連れてくるかもよ)

って言います。

No, no no… I haven't prepared anything yet.
(ダメダメダメ…まだ先の話だよ…)

って言いましたよ。そんなのは冗談じゃない!

<<PREV | | NEXT>>

プロフィール

mameippu

Author:mameippu
毎日を楽しく!投資とランニングとMac、音楽、読書、英語学習、映画など興味は尽きませんが、日々のアウトプットとして。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。